トップページ > 接種対象者の拡大について~いわゆる『モデルナ難民』を接種対象とします~

ページ番号:204254

掲載日:2021年10月22日

ここから本文です。

接種対象者の拡大について~いわゆる『モデルナ難民』を接種対象とします~

同一会場で武田/モデルナ社製ワクチンの2回目接種が困難となっている方に対し、埼玉県ワクチン接種センターで2回目のみの接種を実施します。

お知らせ

【埼玉県ワクチン接種センターの終了について】(10月6日)

 埼玉県ワクチン接種センターは、1回目の接種10月31日をもって終了しますので、接種を希望される方は忘れずに接種をお願いします。

 10月7日(木)13時の予約受付開始では、期間中全ての予約枠を開放します。

 ※各会場で接種を受けられる最終の日は、こちらからご確認ください。

 

概要

対象者

1回目接種を武田/モデルナ社製ワクチンで受けた方で、 同一会場で2回目接種が困難になっている埼玉県在住の方

① 海外で1回目の接種を受けた方
② 県外等の接種会場で1回目の接種を受け、転居してきた方
③ その他、職域接種等で2回目接種が困難になっている方

※1回目の接種日から28日経過している必要があります。
※職域接種は、同一の接種会場で2回目接種を完了することを前提に実施しているものです。まずは職域接種の実施団体に対応を依頼して下さい。

会場

埼玉県南部ワクチン接種センター:浦和合同庁舎(さいたま市)

埼玉県西部ワクチン接種センター:川越市南公民館(川越市)(ウェスタ川越内)

埼玉県北部ワクチン接種センター:熊谷文化創造館さくらめいと(熊谷市)

開設期間

8月~11月 午前9時~午後7時(土日祝含む) (受付:午前9時00分~午後0時45分 , 午後2時00分~午後6時30分)
(各会場ごとに開設期間が異なっています。詳細は各会場の情報をご覧ください。)

接種人数 1日当たり最大3,000人程度を予定
※一般接種の人数を含みます。
※国からのワクチンの供給状況により、変更となることがあります。
接種ワクチン 武田/モデルナ社製ワクチン(詳細は厚生労働省のHPをご覧ください。)
接種費用 無料(全額公費で接種を行います。)

 

予約について

 予約期間

10月7日(木)13時から下記のとおり予約を受け付けます。

※県の集団接種会場で、1回目の接種を受ける場合は最後の機会となりますので、接種を希望される方はお忘れのないよう御注意ください。

会場名 予約可能日
南部ワクチン接種センター ~10月31日(日)
西部ワクチン接種センター ~10月27日(水)
北部ワクチン接種センター ~10月27日(水)

予約方法

予約サイトから受付を行います。予約サイトはこちら
予約サイトでの操作方法は以下をご参照ください。

 

予約から当日までの流れ

【持ち物】予約が完了しましたら、以下のものをご準備して当日会場までお越しください。
※特に、(1)~(3)をお忘れの場合、接種を受けることができませんのでご注意ください。

(1)本人確認書類
生年月日や住所の印字があり、本人確認できるもの。
(健康保険証、運転免許証、介護保険被保険者証など)

(2)接種券(クーポン券)
お住いの市町村から郵送されたもの。
接種券は、台紙から剥がさずに、そのままご持参ください。

(3)武田/モデルナ社製ワクチンの1回目接種を証明する書類
接種済証、接種記録書など。

(4)予診票(PDF:356KB)Open this document with ReadSpeaker docReader
お住いの市町村から郵送されたもの。お持ちでない場合はダウンロードしてお使いください。
事前に住所、氏名、電話番号、生年月日、年齢、性別、質問事項をご記入の上お越しください。

(5)健康保険証
※当日体調が優れなくなった場合に備えて、念のため健康保険証をご持参ください。会場近くの医療機関をご案内します。

【接種当日の流れ】

  • 肩の近くに接種を行うため、インナーは半袖のものを着用する等、肩近くまで腕が出しやすい服装で接種会場にお越しください。

接種時の服装

  • 接種前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、接種を受ける予定の施設にご連絡ください。
  1. 受付:接種会場で、接種券及び予診票と本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を提示して、本人確認を受けます。
  2. 予診:接種前に予診票を基に、問診、検温、及び診察を受けます。
  3. 接種
  4. 経過観察:接種後、一定時間観察を行います(接種に伴う副反応については「ワクチン接種後の副反応等について」をご覧ください。)

【ワクチン接種を受けた後の注意点】

  • 接種を受けた後、15分以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は30分以上)、接種を受けた施設でお待ちいただき、体調に異常を感じた場合には、速やかに医師へ連絡してください。(急に起こる副反応に対応できます。)
  • 注射した部分は清潔に保つようにし、接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。
  • 当日の激しい運動は控えてください。
  • ワクチン接種を受けた後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。
  • ワクチン接種を受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも可能です。

【その他の注意点】

  • 予約時間に間に合わない場合は、相談窓口(0570-071-077)までお願いします。
  • 予約時間までに来場されず、連絡がつかない方については、キャンセル扱いとさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問合せ先

埼玉県ワクチン接種センター相談窓口

電話番号

0570-071-077(ナビダイヤル)

ファックス番号(聴覚障がいの方向け)

048-830-4808

※ファックスによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。

受付時間

午前9時~午後7時(土曜日、日曜日、祝日も対応しています。)

対応内容 各ワクチン接種センターの予約方法等について

関連相談窓口

埼玉県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口

電話番号 0570-033-226 (ナビダイヤル)
ファックス番号(聴覚障がいの方向け)

048-830-4808

※ファックスによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。

受付時間 24時間対応(土曜日、日曜日、祝日も対応しています。)
対応内容

新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応や有害事象等について、看護師等が相談に応じます。
また、11言語(中国語(中文)、韓国語(한국어)、ベトナム語(Tiếng Việt)、英語(English)、タガログ語(Tagalog)、ネパール語(नेपाली भाषा)、ビルマ語(မန္မာဘာသာ)、タイ語(ภาษาไทย)、フランス語(français)、スペイン語(español)、ポルトガル語(português))の外国語に対応しております。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号 0120-761-770
受付時間 午前9時~午後9時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応しています。)
対応内容

新型コロナウイルスワクチン全般に関する相談について

詳細情報

厚生労働省「新型コロナワクチンに関する厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について」

※聴覚に障がいのある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。


お問い合わせ

埼玉県ワクチン接種センター相談窓口
電話番号 0570-071-077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?