トップページ > 新型コロナウイルスワクチン接種について > 県民の方へ(新型コロナワクチン)

ページ番号:201654

掲載日:2022年9月21日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチン接種について、県民のみなさまにお伝えしたい情報をまとめていきます。

ワクチン接種に関すること

オミクロン株対応2価ワクチンの接種に関する情報はこちら→オミクロン株対応2価ワクチン接種について

新型コロナワクチン4回目接種に関する情報はこちら→「新型コロナワクチン4回目接種について」

新型コロナワクチン3回目接種に関する情報はこちら→「新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)について」

新型コロナワクチン3回目接種をお悩みの方に向けたリーフレットはこちら「新型コロナワクチン3回目接種をお悩みの方へ」(PDF:733KB)

武田社ワクチン(ノババックス)の接種に関する情報はこちら→「武田社ワクチン(ノババックス)の埼玉県内での接種について 」

小児(5歳から11歳まで)の新型コロナワクチン接種に関する情報はこちら→「小児(5歳から11歳まで)の新型コロナワクチン接種について」

アストラゼネカ社製ワクチンの接種に関する情報はこちら→「アストラゼネカ社製ワクチンの埼玉県内での接種について」

ワクチン接種全般に関すること

  1. 埼玉県新型コロナウイルスワクチン接種の副反応専門相談窓口
  2. ワクチン接種の不正確な情報について
  3. 新型コロナワクチンの有効期限の延長について
  4. 接種スケジュール等
  5. 新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別等の防止について
  6. 新型コロナワクチンについて、企業の皆様に知ってほしいこと
  7. 新型コロナワクチンに関する動画・情報

埼玉県新型コロナウイルスワクチン接種の副反応専門相談窓口

ワクチン接種後に副反応等が見られる場合に看護師等に相談できるコールセンターを開設しています。

  • 電話番号:0570-033-226(ナビダイヤル)
  • 対応時間:土日祝含む24時間対応

(聴覚障がいの方向け FAX番号048-830-4808)
ファックスによる御相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。


※接種スケジュールや接種券、予約方法等については、お住いの市町村の相談窓口にお問い合わせください。(市町村の相談窓口一覧はこちら)

ワクチン接種の不正確な情報について

SNSなどでは発信者が不明であったり、科学的根拠や信頼のおける情報源に基づいていない不正確な情報があり、注意が必要です。

ワクチンの情報に関しては、複数の専門家のチェックを受けた、科学的根拠に基づいた情報発信をしている公的機関や団体などから情報を得ることをおすすめします。
参考として以下のサイトをご案内します。

新型コロナワクチンの有効期限の延長について

厚生労働省から、ファイザー社製ワクチン及び武田/モデルナ社製ワクチンの有効期限の延長について通知があり、ワクチンの有効期限が以下のとおり延長されています。なお、ワクチン接種時に予防接種済証(臨時)等に貼り付けるロット番号のシールは、延長前の期限を印字している場合がありますが、ワクチンの期限が延長されており、接種して差し支えない期限となっていますのでご安心ください。

  • ファイザー社ワクチン(12歳以上用)について
    ファイザー社ワクチン(12歳以上用)は、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃から-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から9か月に延長され、令和4年(2022年)4月22日に「9か月」から12か月」に延長されました。
    一方で、有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンについては、有効期間が6か月という前提で印字されています。また、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限」(PDF:619KB)中、「有効期限9か月のロット一覧」に記載されているロットNo.のワクチンは、有効期限が9か月という前提で印字されています。
    これらのワクチンについては、有効期間が12か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。
    具体的な有効期限は、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限」(PDF:619KB)をご確認ください。
     
  • ファイザー社ワクチン(5~11歳用)について
    ファイザー社ワクチン(5~11歳用)については、令和4年(2022年)1月21日に薬事上の承認がされ、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間は「9か月」となっており、同年4月22日に「9か月」から12か月」に延長されました。
    一方で有効期限が令和4年(2022年)5月31日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で印字されています。また、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限」(PDF:545KB)中、「有効期間9か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期限が9か月という前提で印字されています。
    これらのワクチンについては、有効期間が12か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。
    具体的な有効期限は、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限」(PDF:545KB)をご確認ください。
     
  • 武田/モデルナ社ワクチンについて
    武田/モデルナ社ワクチンは、-15℃から-25℃で保存する場合の有効期間が、 令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から9か月」に延長されました。
    一方で、有効期限が令和4年(2022年)3月1日 以前となっているワクチン(ロットNo.3004733 のワクチンを除く)については、有効期間が6か月という前提で印字されていています。また、「ロットNo.別 武田/モデルナ社ワクチンの有効期限」(PDF:593KB)中、「有効期間7か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期間が7か月という前提で印字されています。
    これらのワクチンについては、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。
    具体的な有効期限は、「ロットNo.別 武田/モデルナ社ワクチンの有効期限」(PDF:593KB)をご確認ください。

接種スケジュール等

 1・2回目接種及び3回目接種の接種スケジュール等については以下のとおりです。

【1・2回目接種】

【3回目接種】
厚生労働省から3回目接種に係る対象者や使用するワクチンなどについて方針が示されました。詳細は以下のページをご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0710/covid-19/tsuikasesshu.html

新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別等の防止について

新型コロナウイルス感染症の収束に向けて効果が期待されるワクチンですが、体質や持病などの理由で接種できない方もいます。
 また、新型コロナウイルスワクチンの接種は、県民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
埼玉県と大宮アルディージャVENTUSが協力して作成した、新型コロナワクチン接種に関する差別の防止を呼び掛けるメッセージ動画(YouTubeサイトへ移動)を配信していますので、ぜひご覧ください。
 職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口は、県内9か所に設置されている総合労働相談センター(厚生労働省ページ)となります。

sabetu

 

その他の事例
・ワクチン接種を「する」「しない」とチェックする表が張り出してある。
・ワクチン接種が済んだことを名札上に表示することになっている。
・『接種は当然義務』『拒めない』という雰囲気を作っている。
・休んだ際の給与補償に関し、接種の有無によって差別的取扱いを設けている。
・「接種は当たり前」「かかったらあなたのせい」といった言葉をかける。
・接種を拒否した者に対し、部署替えや退職を求める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考:日本弁護士連合会「新型コロナウイルス・ワクチン予防接種に係る人権・差別問題ホットライン概要まとめ」

新型コロナワクチンについて、企業の皆様に知ってほしいこと

新型コロナワクチンについて、企業の経営者や労務責任者、従業員の皆様に知っていただきたい事項をとりまとめた新型コロナワクチン案内チラシとなります。
ぜひご覧ください。
20220317kigyou3omote20220317kigyou3ura

新型コロナワクチンについて企業の皆様に知ってほしいこと(3回目接種用)(PDF:596KB)

新型コロナワクチンについて企業の皆様に知ってほしいこと(1・2回目接種用)(PDF:734KB)

新型コロナワクチンに関する動画・情報

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課   ワクチン対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4800

個別の症状が副反応かどうかについてや2回目接種の可否についてなど、医療的な知識が必要となる御質問は、行政機関では判断いたしかねます。
かかりつけ医又はお近くの医療機関にお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?