Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 「腸管出血性大腸菌O157等」による患者が急増しています

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月14日

「腸管出血性大腸菌O157等」による患者が急増しています

腸管出血性大腸菌電子顕微鏡写真

関東近県で、腸管出血性大腸菌による患者が急増し、県内でも熊谷市、所沢市、川越市で食中毒が発生しています。
食中毒予防の基本は、菌を「つけない」、「増やさない」、「やっつける」の3原則です。特に手洗いが重要です。石けんと流水を使用し、丁寧に洗いましょう。

お問い合わせ

保健医療部 食品安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

TEL:048-830-3425

ファックス:048-830-4807