ページ番号:124280

掲載日:2019年9月5日

ここから本文です。

第59回食の安全県民会議

第59回埼玉県食の安全県民会議では、前回会議等の意見を反映した「平成30年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)」について議論されました。また、「高病原性鳥インフルエンザ対策」「埼玉県の畜産の状況」「県内で発生した学校給食用牛乳の風味変化」について報告を行いました。

日時・場所

  • 平成30年1月22日(月曜日)午後2時から午後4時30分
  • 埼玉会館7A会議室

出席委員

10名

傍聴者

4名

議事

議題

  • 平成30年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)について 

報告

  • 高病原性鳥インフルエンザ対策 について
  • 埼玉県の畜産の状況について
  • 県内で発生した学校給食用牛乳の風味変化について  

会議概要

  • 県民会議や一般県民から寄せられた意見を踏まえ、内容を修正した平成30年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)について、食品安全課から概要を説明しました。
  • 高病原性鳥インフルエンザ対策及び埼玉県の畜産の状況について、畜産安全課から概要を報告しました。 
  • 県内で発生した学校給食用牛乳の風味変化について、食品安全課及び畜産安全課から概要を報告しました。 

主な意見・提言等 

平成30年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)について 

  • (事務局)前回会議の修正資料に基づき、説明 。
  • (委員)県民参画、リスクコミュニケーションの推進等の取組は重要であり、その他監視指導等の実施のために必要な事項」としてまとめるのは好ましくないのではないか。
  • (委員)こども食堂について、引き続き柔軟な対応、状況把握、衛生面での指導を行っていただきたい。 
  • (委員)「生の野菜・果物を加工・提供する施設」とは何か。重点監視対象とするのならば、内容を記載すべきである。
  • (事務局)リスクコミニュケーション等の県民参画について、重要であると考えている。その他項目ではなく、タイトルに入れる方向で検討したい。こども食堂についても、施設に応じた指導助言ができるよう進めていく。「生野菜を加工する施設」を重点的な対象施設として指導していきたい。本計画を公表する際は、文章を修正し、いただいた意見に対し、県の考え方を付していきたい。 

<情報提供>

高病原性鳥インフルエンザ対策

  • (委員)先日、カラスの大量死が報道されていた。検査で陰性であったとのことだが、その後の情報はあるのか。
  • (事務局)環境部で調査。農薬が原因の場合が多いが、今回の事例では、農薬が陰性であったため、原因がはっきりつかめていない。
  • (委員)鳥が死んでいた場合の対応、基準、判断はどのようになっているのか。
  • (事務局)野鳥については環境部に連絡していただきたい。対応については、国のマニュアル等に沿った形で行う。 

埼玉県の畜産の状況

  • (委員)自給率が低いので、上げるための施策は、行っているのか。
  • (事務局)特徴のあるブランド化などの生産、儲かる畜産を実現していきたい。
  • (委員)周辺国で、口蹄疫や鳥インフルエンザ等が発生しているが、事前対策があるのか。
  • (事務局)家畜保健衛生所で農場管理の徹底の指導、確認を行っている。
  • (委員)県内の防疫対策はどのようなものか。
  • (事務局)豚流行性下痢(PED)など県内での発生はないが、国内では発生があった。侵入防止対策を行っている。また、発生時には国と連携し、マニュアルに沿った形で対応を行う。
  • (委員)薬剤耐性菌の対策などは、県での対応はどのように行われているのか。
  • (事務局)家畜の部分では、畜産安全課。国が中心となって、耐性菌が増えないよう、獣医と一緒に抗生物質の使用について指導。保健医療の観点では、対策を行っているが、食品安全の部分では特に行っていない。 

県内で発生した学校給食用牛乳の風味変化

  • (委員)牛乳は、「生鮮品」ということがなかなか知られていない。県の広報物等で、情報提供を行っていただきたい。 
  • (委員)給食関係者、先生、子供たちにフィードバックされているのか。
  • (事務局)きちんと説明することは大切。教育関係と協力して、正しい情報を伝える方法を検討。 
  • (委員)詳しい説明が必要ではないか。公的な見解は、公表したか。
  • (事務局)製品に、安全性は問題ないことから公表は行っていない。
  • (委員)風味変化があったことは、消費者側から言うべき。
  • (委員)正しい情報を知ってもらう機会を作ったほうがいいのではないか。
  • (事務局)正しい情報を知ってもらうことは大切である。機会をとらえて、普及啓発を行う。 

配布資料

資料1-1:平成30年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)(PDF:1,537KB)

資料1-2:平成30年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)に係る意見について(PDF:333KB)

資料2-1:平成29年度国内における高病原性鳥インフルエンザ発生及び検出状況(PDF:106KB)

資料2-2:高病原性鳥インフルエンザへの対応(PDF:180KB)

資料2-3:高病原性鳥インフルエンザ防疫演習について(PDF:216KB)

資料3:埼玉県の畜産(PDF:879KB)

資料4-1:牛乳の製造工程と風味苦情事例について(PDF:1,924KB)

参考資料1:酪農家から乳業工場に生乳が届くまで(PDF:289KB)

 

お問い合わせ

保健医療部 食品安全課 総務・安全推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4807

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?