Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > > 申請・手続き > 食品営業に関する許可・届出 > 令和元年台風19号の影響を受けた地域の食品営業施設の方へ

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月13日

令和元年台風19号の影響を受けた地域の食品営業施設の方へ

 1 営業再開にあたって気を付けたいこと

Q 経営している飲食店が床上浸水しました。営業再開に向けて、どのような点に注意すればよいですか?

A 飲食店や食品製造業等の食品営業施設が浸水した場合、営業再開にあたっては、以下の点に留意してください。その上で、管轄の保健所に相談しましょう。

 ○電気、ガス、水道等の食品製造用水(飲用適の水)が確保できているか確認しましょう。

 井戸水を使用する場合は、水質検査を受けるなどして、安全性を確認してから使用しましょう。

 ○停電により温度が上がってしまった冷蔵庫・冷凍庫内の食品や、水に浸かって傷んだ食品は廃棄しましょう。

 施設の清掃、洗浄、消毒、機械等器具類・食器等の洗浄や消毒を十分に行いましょう。

 これらは、普段使用している消毒剤や洗浄剤を使用して行うことが可能です。

 ただし、汚染状況や、施設・設備の構造、取り扱う食品等によっては、追加的な対応が必要になることもあります。

2 営業許可の更新にあたってのお知らせ

 令和元年台風第19号による被害が「特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律(平成8年法律第85号)」第2条第1項に規定する特定非常災害に指定されました。

 適用市町村(http://www.bousai.go.jp/pdf/r1typhoon19_relief13.pdf)内で食品の営業を行っている方で、お持ちの営業許可の有効期間が令和2年3月30日までとなる方は、令和2年3月31日まで期間を延長することができます。

 延長を希望される方は、最寄りの保健所へご相談ください。

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 食品安全課 食品保健・監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4807

各種申請・届出、御相談は、管轄する保健所へお問合せください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?