Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 献血 > 第49回「彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」を開催しました

ここから本文です。

 

掲載日:2018年9月19日

第49回「彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」を開催しました

平成30年7月31日(火曜日)に埼玉会館小ホールにおいて、第49回「彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」を開催しました。

第49回彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い 

当日は、日頃、積極的に献血へ協力いただいている方々を表彰するとともに、県内の中学生を対象とした「献血推進ポスターコンクール」の優秀作品を展示し、受賞者を表彰しました。

次第・受賞者名簿(PDF:980KB)

献血推進ポスターコンクール優秀作品の展示の様子

主催者あいさつ

奥野副知事が主催者を代表してあいさつをしました。

奥野副知事あいさつ 

厚生労働大臣表彰状の伝達

厚生労働大臣表彰状を2団体に伝達しました。

一般社団法人 桶川青年会議所 様

一般社団法人桶川青年会議所様 

学校法人 佐藤栄学園 花咲徳栄高等学校 様

学校法人佐藤栄学園花咲徳栄高等学校様 

 厚生労働大臣感謝状の伝達

厚生労働大臣感謝状を8組に伝達しました。

ぺんてる株式会社 草加工場 様 (受賞者代表)

ぺんてる株式会社草加工場様 

埼玉県知事感謝状の贈呈

埼玉県知事感謝状を20組に贈呈しました。

株式会社M-TEC 様 (受賞者代表)

株式会社M-TEC様 

ポスターコンクール優秀作品賞の贈呈

応募総数704作品の中から、埼玉県知事賞最優秀賞1作品、埼玉県知事賞優秀賞3作品、埼玉県保健医療部長賞30作品、埼玉県赤十字血液センター所長賞63作品が選出されました。

埼玉県知事賞最優秀賞 所沢市立向陽中学校 3年 齋藤 真歩 さん (受賞者代表)

齋藤真歩さん 献血推進ポスターコンクール知事賞最優秀賞作品

日本赤十字社献血功労章の伝達

草加ライオンズクラブ 様 (受賞者代表)

草加ライオンズクラブ様 

埼玉県赤十字血液センター所長感謝状の贈呈

株式会社ベイシアスーパーセンター本庄早稲田店 様 (受賞者代表)

株式会社ベイシアスーパーセンター本庄早稲田ゲート店様

来賓祝辞

埼玉県議会議長 齊藤 正明 様

齊藤正明様 

埼玉県市長会 副会長 賴髙 英雄 様

賴髙英雄様 

一般社団法人埼玉県医師会長 金井 忠男 様

金井忠男様 

体験発表

一般社団法人 桶川青年会議所 理事長 新妻 亮 さん

新妻亮さん 

誓いのことば

学校法人 佐藤栄学園 花咲徳栄高等学校 2年 荒川 佳亮 さん、埼玉県立和光国際高等学校 2年 濱田 南柚 さん

誓いのことば 

献血体験動画の上映

平成30年7月30日からYouTube上で配信されている献血体験動画を上映しました。

公開から約1か月で50万回超の再生となっているこちらの動画!来場者の方からも「分かりやすい」との感想をいただきました。

動画の詳細は下記のリンクからご覧ください。

アトラクション「命をつなぐバトン」

女優 村田 綾 さん、女優 友寄 蓮 さん、埼玉県赤十字血液センター 樋口 拓己 さん

命をつなぐバトン 

「集い」の2部では、女優の村田綾さん、女優の友寄蓮さん、埼玉県赤十字血液センターの樋口拓己さんによる「命をつなぐバトン」がテーマのトークショーとプレゼントつきクイズを行いました。

献血クイズ 

 

初めに、女優の村田さんが会場のみなさまと一緒に献血を学びながらクイズを出題!

みなさまにも参加いただいた献血クイズで、会場は盛り上がりました。

 

村田綾さん

続いては、女優の友寄さんによるトークショーです。

急性リンパ性白血病の治療のために輸血を受けた友寄さんは、自身の体験談を語られました。

友寄蓮さん 

繰り返す治療では、何度も心が折れかけたそうです。

しかし、そのたびに献血で血液を提供していただいた方によって生きていること、「身体に巡っているものは100名以上の方の血液であると同時に好意と優しさである」ことを感じられたそうです。

樋口拓己さんと友寄蓮さん

最後は、樋口さんによるトークショーです。

樋口さんは家族の影響で骨髄バンクのドナー登録を行い、実際に骨髄を提供された経験があります。

提供時に血液内科の病棟に入院し、「これが輸血医療の現場なんだ」ということを強く感じられたそうです。 

「骨髄バンク登録は2mLの血液だけで簡単にできるので、一人でも多くの人に登録を考えていただけると嬉しい」と語られました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 薬物対策・献血担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3635

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?