Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 薬事 > ジェネリック医薬品 > 2017ジェネリック医薬品使用促進セミナーを開催

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月21日

2017ジェネリック医薬品使用促進セミナーを開催

 ジェネリック医薬品の普及は、一人ひとりの自己負担の軽減、高齢化社会の進展によって増大する国の医療費・医療保険者の負担などの抑制にもつながります。
 ジェネリック医薬品についての理解を深めていただくため、全国健康保険協会(協会けんぽ)埼玉県支部及び埼玉県ジェネリック医薬品安心使用促進協議会との共催で、平成29年2月2日(木曜日)に大宮ソニックシティで「2017ジェネリック医薬品使用促進セミナー」を開催しました。 

日時

平成29年2月2日(木曜日)14時~16時30分

場所

大宮ソニックシティ小ホール(2階) さいたま市大宮区桜木町1-7-5

主催

全国健康保険協会埼玉支部
埼玉県
埼玉県ジェネリック医薬品安心使用促進協議会

後援

厚生労働省・埼玉県医師会・埼玉県歯科医師会・埼玉県薬剤師会
健康保険組合連合会埼玉連合会・埼玉県国民健康保険団体連合会
埼玉県商工会議所連合会・埼玉県商工会連合会・埼玉県中小企業団体中央会・埼玉経済同友会
埼玉県経営者協会・埼玉中小企業家同友会・埼玉県法人会連合会・埼玉ニュービジネス協議会
埼玉県社会保険労務士会・埼玉県中小企業診断協会・埼玉県社会保険委員会連合会・埼玉県社会保険協会
日本ジェネリック医薬品学会・日本ジェネリック製薬協会

プログラム

基調講演 
 テーマ ジェネリック医薬品普及に向けて ー患者・薬剤師・医師の立場からー
 講師 日本ジェネリック医薬品学会 理事 小山 信彌 氏

取組紹介
1 埼玉県保健医療部薬務課の取組み
 謝村 錦芳(埼玉県保健医療部薬務課)
2 埼玉県薬剤師会の取組み
 畑中 典子(埼玉県薬剤師会常務理事)
3 協会けんぽの取組み
 藤井 康博(全国健康保険協会理事)   

参加者

185名
(会社員38名、病院・診療所勤務9名、薬局勤務4名、製薬メーカー勤務18名、公務員19名、医療保険者27名、その他70名)

セミナーの様子 

 研修会場の写真 小山講師の写真
 


謝村講師の写真 畑中講師の写真 藤井講師の写真

 


 

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 販売指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?