ページ番号:172146

掲載日:2021年4月5日

ここから本文です。

旅館業営業者の皆さまへ 宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について

 

旅館等の宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について

 旅館等の宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について、厚生労働省から次のとおり留意事項の通知がありました。

 旅館業の営業者の皆さまにおかれましては、下記の事項について対応をお願いします。

 

1 営業者が日頃留意すべき事項

(1)保健所等の関係機関と十分連携し、新型コロナウイルス感染症に関する情報収集に努めるとともに、緊急の場合に連絡する近隣の医療機関や受診・相談センターを把握しておくこと。

(2)感染経路の把握に必要な場合があるため、旅館業法第6条に基づく宿泊者名簿への正確な記載を励行し、宿泊者の状況把握に努めること。

(3)宿泊者に対し、新型コロナウイルス感染症に関する情報提供を行うとともに、発熱など体調に異変が生じた場合は必ず宿泊施設側に申し出るよう伝えること。

 宿泊者から申し出があった場合、マスクを着用するなどし、事前に近隣の医療機関又は受診・相談センターへ連絡した上で受診するよう勧めること。

(4)宿泊者から体温計の貸出を求められた際は衛生的管理に留意(アルコール消毒等)の上で貸与するなど、宿泊者の健康管理に積極的に協力すること。

(5)日頃から、『宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)』に基づく営業に努め、従業員の健康管理、施設の環境衛生管理の徹底を図ること。

(6)新型コロナウイルス感染症の流行地域に滞在していたことのみを理由として宿泊を拒むことはできないこと。

 

〇 以下の内容については厚生労働省通知をご覧ください。

2 新型コロナウイルスへの感染が疑われる宿泊者が発生した場合の宿泊事業者の対応

3 感染が疑われる宿泊者に接触対応した場合等の従業員の対策

 

相談窓口

参考

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課 環境衛生・ビル監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?