Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > ペット・動物 > 動物愛護 > 動物愛護・ペット > 令和2年度狂犬病予防注射について

ここから本文です。

 

掲載日:2020年7月22日

令和2年度狂犬病予防注射について

狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主には飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせる義務があります

今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和2年度は狂犬病予防接種の期間が延長されています。

 

令和2年度狂犬病予防注射の接種期間延長について

狂犬病予防注射を受けさせる期間は、狂犬病予防法施行規則により毎年4月から6月までとされていますが、このたび施行規則の一部が改正され、令和2年度に限っては、新型コロナウイルス感染症の発生またはまん延の影響によるやむを得ない事情により期間内に狂犬病予防注射を受けさせることができなかった場合は、令和2年12月31日までの間に飼い犬について狂犬病予防注射を受けさせたときは、この期間内に注射を受けさせたものとみなすことが厚生労働省より通知されています。

 

なお、この改正は狂犬病予防注射の接種自体を不要とするものではありませんので、犬の飼い主の皆さまは、やむを得ない事情が消滅した後には、速やかに狂犬病予防注射を受けさせましょう。

 参考情報

狂犬病予防法施行規則の改正や、飼い主に向けた新型コロナウイルス感染症に関する情報については、下記のリンク先をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?