トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 熱中症予防対策 > 熱中症予防行動を徹底しましょう ~屋外ではマスクを外し、室内ではエアコンを使いましょう~

ページ番号:218241

掲載日:2022年7月11日

ここから本文です。

熱中症予防行動を徹底しましょう ~屋外ではマスクを外し、室内ではエアコンを使いましょう~

7月から9月の気温は高い予報がでています。また、湿度の高さと、体が急激な気温上昇に慣れていないなどの複合的な条件が重なり、熱中症発生リスクが非常に高い状況にあります。

熱中症は屋外ではもちろん、屋内でも起こります。特に熱中症を発症した高齢者の発生場所を見ると、半数以上が自宅となっています。

熱中症を防ぐために屋外で会話をほとんど行わない場合はマスクを外し、室内ではエアコンを活用するなど、熱中症予防行動の徹底をお願いします。

1 屋外で会話をほとんど行わない場合はマスクを外しましょう

  • 特に運動時には、忘れずにマスクをはずしましょう。
  • 屋外での散歩やランニング、通勤、通学時等もマスクの着用は必要ありません。

*電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合や、近距離で(2m以内を目安)会話する場合はマスクの着用を

  

 (環境省・厚生労働省リーフレット 熱中症×コロナ感染防止 熱中症を防ぐために屋外ではマスクを外しましょう)

2 室内では上手にエアコンを使い、こまめに水分補給をしましょう

1 高齢者は上手にエアコンを

2 暑くなる日は要注意

3 水分はこまめに補給

4 「おかしい!?」と思ったら病院へ

5 周りの人にも気配りを

 

(熱中症予防5つのポイント(表・裏))

お問い合わせ

保健医療部 健康長寿課 健康増進・食育担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?