トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 計画・施策 > 医療政策 > 「患者さんのための3つの宣言」実践医療機関登録事業について

ページ番号:9733

掲載日:2021年6月7日

ここから本文です。

「患者さんのための3つの宣言」実践医療機関登録事業について

患者さんと医療機関がよりよい関係を築くことを後押しするため、平成17年度から始まった一般社団法人埼玉県医師会との協同事業です。他の都道府県に例を見ない埼玉県独自の制度です。

現在、県内(326病院、2,776診療所:令和3年3月31日現在)の医療機関が登録しています。今後も登録数の増加を図り、これまで以上に患者本位の医療の普及・定着を目指していきます。※歯科診療所、助産所は対象となっておりません。

3つの宣言とは

次の3つを、医療機関が自ら宣言して、宣言書を院内に掲示し実践するというものです。

  1. 十分な説明を行い、医療を提供します。
  2. 診療情報の開示に協力します。
  3. セカンド・オピニオン(主治医以外の医師に意見を聞くこと)に協力します。

宣言書様式(サイズ:B4(257×364mm))
(医師会員の場合は、県の他に医師会の名称も併記されます。)

みほん

 

登録方法

  • 事業の趣旨に賛同した医療機関は、登録申請(申請書(PDF:267KB))を行なってください。病院は医療安全研修を受講することによって登録となります(診療所の受講は任意)。
  • 医療安全研修には、各病院から1名(医師、コ・メディカル、事務員等)が、1回参加していただければ登録が可能となります。県保健所の研修、医師会主催の研修だけではなく、国(外郭団体や国から委託を受けた事業者を含む。)が主催する医療安全研修も対象となります。
  • 登録医療機関には宣言書が交付されます。
  • 登録医療機関は県ホームページ及び埼玉県医療機能情報提供システムで公表されます。

 登録方法

登録医療機関一覧

ちらし 

お問い合わせ

保健医療部 医療整備課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?