トップページ > イベントカレンダー > 子ども等の医療費が県内全域で現物給付方式に変わります

ページ番号:216528

掲載日:2022年10月1日

ここから本文です。

子ども等の医療費が県内全域で現物給付方式に変わります

埼玉県内の市町村が実施する「 乳幼児(子ども)医療費助成制度」「 重度心身障害者医療費助成制度」「 ひとり親家庭等医療費助成制度」が県内全域で現物給付方式に変わります。
(現物給付とは、医療機関窓口で市町村が発行する受給者証を提示することにより、原則医療費を支払うことなく医療サービスを受けることができる仕組み)

対象

「 乳幼児(子ども)医療費助成制度」「 重度心身障害者医療費助成制度」「 ひとり親家庭等医療費助成制度」の受給資格がある方
(市町村によって現物給付の条件が異なります。)
※医療保険が適用される場合に限ります。

日時

実施予定時期
【令和4年10月】乳幼児(子ども)医療費、重度心身障害者医療費
【令和5年 1月】ひとり親家庭等医療費

お問い合わせ

県国保医療課(電話 048-830-3364)

お問い合わせ

保健医療部 国保医療課 福祉医療・後期高齢者医療担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4785