Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症対策 > 予防接種 > HPV(子宮頸がん予防)ワクチンに関する相談窓口について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

HPV(子宮頸がん予防)ワクチンに関する相談窓口について

HPVワクチンについて

 HPVワクチンは、平成25年3月31日までは「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」に基づく接種として、平成25年4月1日からは予防接種法に基づく定期接種として各市町村で接種が行われてきましたが、平成25年6月14日からは積極的に定期接種を勧奨すべきではないと厚生労働省から通知が発出されました。

 現在も、定期接種の実施主体である各市町村からの積極的な勧奨を差し控える対応は継続しています。

相談窓口について

 現在、HPVワクチンの接種後に様々な症状が生じた方からの相談を下記のような関係機関でお受けしています。

厚生労働省

 平成26年11月1日から「HPVワクチン相談窓口」を設置しています。 

 この相談窓口では、子宮頚がん予防(HPV)ワクチンの接種について広く一般的な相談に応じています。

 【厚生労働省 HPVワクチン相談窓口】

 電話番号:03-5276-9337

 受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く。)

 ・リンク:厚生労働省ホームページ

各市町村

 お住まいの市町村の予防接種担当課では、予防接種の基礎知識、HPVワクチンの基礎知識など、予防接種法における定期予防接種の実施主体として、日頃より相談をお受けしています。

 また、平成25年4月1日以降に接種(定期接種)した方の「予防接種健康被害救済制度」の申請窓口は当時接種した市町村の予防接種担当課となっています。

 予防接種健康被害救済制度の仕組みについては下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。

 ・厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」

埼玉県

 【医療等に関すること】

 担当課:保健医療部 保健医療政策課

 電話番号:048-830-3557(直)

 受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始を除く。)

 【教育に関すること】

 担当課:教育局 県立学校部 保健体育課

 電話番号:048-830-6963(直)

 受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始を除く。)

協力医療機関

 埼玉県内の協力医療機関は次の2医療機関です。 

自治医科大学さいたま医療センター(産婦人科)

患者受付 電話:048-647-4898
医療機関受付 電話:048-648-5167
埼玉医科大学病院(総合診療内科) 医務部電話:049-276-1121

 また、これ以外に厚生労働科学研究事業研究班の所属医療機関もあります。全国の協力医療機関や専門医療機関は厚生労働省のホームページで公表されており、随時更新しています。

 ・厚生労働省ホームページ「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について」

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

 平成25年3月31日までにワクチンを接種した方及び、平成25年4月1日以降に接種した定期接種対象年齢以外の方の救済制度申請窓口となっています。

 【救済制度相談窓口】

 電話番号:0120-149-931

 受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始を除く。)

 ・医薬品医療機器総合機構ホームページ「医薬品副作用被害救済制度に関する業務」

 

 

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館2階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?