トップページ > 新型コロナウイルス感染症総合サイト > 県対策本部等による対応 > 令和3年度 新型コロナウイルス埼玉県緊急対応策

ページ番号:196060

掲載日:2022年3月15日

ここから本文です。

令和3年度 新型コロナウイルス埼玉県緊急対応策

予算措置第15弾(令和3年度補正予算(案))【3月4日発表】新規・更新箇所

国への要請を踏まえ、まん延防止等重点措置期間が延長されることに伴い、県内飲食店等の事業者に対する感染防止対策協力金など、当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 222億4,429万7千円(補正後累計 2兆7,147億3,871万6千円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
要請期間 令和4年3月7日から令和4年3月21日まで(15日間)
支給対象 県内全域において、期間中、営業時間の短縮等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)・喫茶店を運営する事業者

 

  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証店のうちワクチン・検査パッケージ適用店
営業時間 午前5時から午後9時まで
酒類提供 午前11時から午後8時30分まで

(ただし、ワクチン接種歴(2回以上)等の確認ができない場合は、終日、提供を自粛(飲酒の機会の提供含む。))

支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額2万5千円から7万5千円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円

 

  • 上記以外の飲食店等
営業時間 午前5時から午後8時まで
酒類提供 終日、提供を自粛(飲酒の機会の提供含む。)

支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額3万円から10万円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円

 

  • 飲食店等への営業時間短縮要請等に係る現地調査

総括、予算規模、主な内容(PDF:7KB)

予算措置第14弾(令和3年度2月補正予算(案))【2月10日発表】

国の「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に基づく補正予算に迅速に対応し、防災・減災、国土強靭化の推進等を図るため、補正予算を編成しました。

一般会計 549億3,564万3千円(補正後累計 2兆6,924億9,441万9千円)

公共事業の追加

  • 河川事業
  • 道路・街路事業
  • 農業基盤整備・治山事業
  • 公園整備・区画整理事業

県立学校及び社会福祉施設等の老朽化対策、防災・減災対策

  • 県立学校施設の大規模改修及び空調設備の更新
  • 社会福祉施設等の大規模修繕や非常用発電設備への助成

災害時の情報伝達・収集体制の強化

  • 震度情報ネットワークシステム等の更新及び機能強化

その他

  • 生活福祉資金特例貸付の債権管理事務費等の助成
  • 介護福祉士・保育士への修学資金等の貸付原資の助成
  • 公立幼稚園及び県立学校における感染防止対策
  • 紹介予定派遣制度の活用等による正社員化への就労支援
  • 通学路における道路標識の設置等の交通安全対策

総括、予算規模、主な内容(PDF:7KB)

予算措置第13弾(令和3年度12月補正予算(追加)(案)【12月8日発表】

国の「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に基づく補正予算の一部に迅速に対応し、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、PCR検査等の無料化に要する経費など、当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 383億1,641万8千円(補正後累計 2兆6,375億5,877万6千円)

「ワクチン・検査パッケージ」等のため必要な無料のPCR検査・抗原定性検査の実施

  • 健康上の理由等によりワクチン接種を受けられない方の検査を無料化
  • 感染拡大傾向時の感染不安等を理由に受検を希望する方の検査を無料化
  • 検査事業者の体制整備への助成及びコールセンターの運営等

生活に困っている人々への支援

  • 生活福祉資金特例貸付の受付期間を年度末まで延長することに伴う助成

社会経済活動の再開に向けた支援

  • 宿泊割引等の観光応援キャンペーンによる観光関連事業者への支援

総括、予算規模、主な内容(PDF:6KB)

予算措置第12弾(令和3年度12月補正予算(案))【11月25日発表】

ポストコロナの新しい生活様式を見据え、社会経済活動を活性化させるための事業者への支援に要する経費に予算措置を講じるとともに、公共事業等の施工時期の平準化及び適正工期の確保を図るなど、当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 36億1,663万円(補正後累計 2兆5,992億4,235万8千円)

ポストコロナの新しい生活様式を見据えた社会経済活動の活性化に向けた支援

  • 経営環境の変化に対応した事業再構築等に取り組む中小企業等への支援
  • DX推進に向けたキャッシュレス決済の導入に取り組む商店街への支援
  • 原油・原材料価格の高騰に対応した緊急融資枠(100億円)の創設による中小企業等への利子補給
  • 商工団体と連携した中小企業のニーズを踏まえたデジタル人材の育成
  • 県外からの旅行者も対象とした観光応援キャンペーンによる観光関連事業者への支援
  • 量販店等による県産農産物販売促進キャンペーンを通じた農業生産者への支援

介護施設・障害者施設における新型コロナウイルス感染症対策の継続

  • 感染発生時の人員確保など福祉サービス提供継続等に向けた支援
  • 埼玉県地域医療介護総合確保基金への積み立て
  • クラスター発生時の看護師派遣による療養体制の確保

県税務システムの改修

  • 軽自動車税に係る国との連携方法の変更に伴うシステム改修費の増額

総括、予算規模、主な内容(PDF:8KB)

予算措置第11弾(令和3年度9月補正予算(追加)(案))【9月30日発表】

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、段階的緩和措置として、県内飲食店等の事業者に対して営業時間短縮等の要請を行うことに伴い、感染防止対策協力金の支給に要する経費など、当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 244億6,608万5千円(補正後累計 2兆4,684億5,687万8千円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
要請期間 令和3年10月1日から令和3年10月24日まで(24日間)
支給対象 県内全域において、期間中、営業時間の短縮等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)・喫茶店を運営する事業者
営業時間等
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)認証店

午前5時から午後9時まで(酒類提供時間 午前11時から午後8時まで)

  • 非認証店

午前5時から午後8時まで(酒類提供は終日自粛(飲酒の機会の提供含む。))

支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額2万5千円から7万5千円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円

 

  • 飲食店等への営業時間短縮要請等に係る現地調査

総括、予算規模、主な内容(PDF:6KB)

予算措置第10弾(令和3年度9月補正予算(案))【9月17日発表】

   新型コロナウイルス感染症の今後の感染状況の変化も踏まえた対策を講じるため、年度末までの医療提供体制等の確保・強化に向けた一層の取組に要する経費に予算措置を講じるとともに、県内経済活動の回復に向けた支援や公共事業の追加など、当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 1,271億6,885万円(補正後累計 2兆5,711億5,964万3千円)

今後の感染状況の変化も踏まえた医療提供体制等の確保・強化

  • 県民相談窓口体制
  • 検査・医療提供体制
  • 保健所の感染者フォローアップ体制
  • 自宅・宿泊療養体制
  • ワクチン接種の副反応等の専門相談窓口体制

県内経済活動の回復とウィズコロナ・ポストコロナ社会への対応

  • 事業再構築支援センター(仮称)の設置による中小企業への支援
  • 中小企業のオンラインによる販路開拓に向けた支援
  • DX推進支援ネットワークを通じたデジタル導入企業の支援

公共事業等の追加、適正工期の確保

  • 道路・街路事業
  • 河川事業等
  • 繰越明許費の設定

総括、予算規模、主な内容(PDF:10KB)

予算措置第9弾(令和3年度8月補正予算(案))【8月26日発表】

緊急事態措置期間の延長に伴い、飲食店等の事業者に対する協力金の支給に要する経費に予算措置を講じるとともに、新型コロナウイルス感染症患者の急増を踏まえ、医療提供体制の強化など当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 561億2,017万1千円(補正後累計 2兆4,439億9,079万3千円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 大規模施設等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 飲食店等への営業時間短縮要請等に係る現地調査
  • 若年層のワクチン接種促進に向けた広報

感染拡大の影響を受けている事業者への支援

  • 外出自粛等により影響を受けている事業者への支援
  • 酒類の提供自粛等により特に大きな影響を受けている酒類販売事業者等への支援

医療提供体制の強化

  • 緊急的に酸素投与を行う酸素ステーションの設置
  • 宿泊療養施設における酸素療法及び抗体カクテル療法の実施
  • 症例集の活用による後遺症に対応可能な医療機関の拡充

生活に困っている人々への支援

  • 生活福祉資金特例貸付の受付期間延長に伴う助成

その他執行見込額との調整

  • 高齢者・障害者入所施設及び通所施設の職員等に対するPCR検査

総括、予算規模、主な内容(PDF:7KB)

予算措置第8弾(令和3年度7月補正予算(案))【7月8日発表】

まん延防止等重点措置期間が延長されることを踏まえ、飲食店等の事業者に対する協力金の支給に要する経費に予算措置を講じるとともに、ワクチン接種体制の強化など当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 683億6,781万5千円(補正後累計 2兆3,878億7,062万2千円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 大規模施設等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)等に係る現地確認

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者への支援

  • 酒類の提供制限等により特に大きな影響を受けている酒類販売事業者等への支援

新型コロナウイルスワクチン接種体制の強化

  • 個別接種促進に向けた医療機関への支援
  • 中小企業の共同実施や大学等による職域接種への支援

総括、予算規模、主な内容(PDF:140KB)

予算措置第7弾(令和3年度6月補正予算(追加案))【6月18日発表】

まん延防止等重点措置期間が延長されたことに伴い、飲食店等の事業者に対する協力金の支給に要する経費に予算措置を講じるとともに、ワクチン接種体制の強化など当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 488億8,112万1千円(補正後累計 2兆3,073億9,782万1千円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 大規模施設等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)等に係る現地確認

新型コロナウイルスワクチン接種体制の強化

  • 個別接種促進に向けた医療機関への支援
  • 市町村の接種体制を補完する県集団接種会場の追加設置、運営

生活に困っている人々への支援

  • 生活福祉資金特例貸付の受付期間延長に伴う助成
  • 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給

総括、予算規模、主な内容(PDF:144KB)

予算措置第6弾(令和3年度6月補正予算(案))【6月7日発表】

新型コロナウイルス感染症に係るまん延防止等重点措置等に伴う外出自粛や酒類の提供自粛等により影響を受けている県内事業者への支援に要する経費に予算措置を講じるとともに、感染拡大防止対策の実施に要する経費などについて補正予算を編成しました。

一般会計 121億498万6千円(補正後累計 2兆2,706億2,168万6千円)

感染拡大の影響を受けている事業者への支援

  • 外出自粛等による影響を受けている事業者への支援
  • 酒類の提供自粛等による影響を受けている酒類販売事業者への支援
  • 感染防止対策の強化等に取り組む宿泊事業者への支援
  • 感染防止対策に取り組む地域公共交通事業者への支援
  • 県公式観光サイト「ちょこたび埼玉」を活用した県産品製造事業者への支援

感染拡大防止対策の実施

  • 高齢者、障害者入所施設及び通所施設の職員に対するPCR検査の実施

その他

  • 保護者が負担する修学旅行キャンセル料への支援
  • 生活困窮者の自立に向けた支援体制等の強化
  • 県内農畜産物の競争力強化に向けた取組への支援

総括、予算規模、主な内容(PDF:142KB)

予算措置第5弾(令和3年度補正予算(案))【5月28日発表】

まん延防止等重点措置期間が延長されることを踏まえ、飲食店等の事業者に対する協力金の支給に要する経費に予算措置を講じるとともに、感染者の急増に備えた病床・宿泊療養施設の更なる確保に要する経費など、当面緊急に対応すべき事業について補正予算を編成しました。

一般会計 509億2,571万3千円(補正後累計 2兆2,585億1,670万円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 大規模施設等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給
  • 飲食店等への営業時間短縮要請に係る現地調査

感染者急増に備えた医療提供体制の強化

  • 病床、宿泊療養施設の更なる確保
  • 宿泊、自宅療養者への医療提供体制の強化
  • 県調整本部、患者搬送体制の強化

総括、予算規模、主な内容(PDF:6KB)

予算措置第4弾(令和3年度補正予算(案))【5月10日発表】

新型コロナウイルス感染症対策として、飲食店及び大規模施設等に対する営業時間短縮等の要請に伴う協力金の支給に要する経費に予算措置を講じるとともに、ワクチン接種体制の強化を図るための経費について補正予算を編成しました。

一般会計 272億332万7千円(補正後累計 2兆2,075億9,098万7千円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 飲食店等に対する営業時間短縮要請等に伴う感染防止対策協力金の支給

【まん延防止等重点措置区域(15市町)】

措置区域 さいたま市、川口市、川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町(15市町)
要請期間 令和3年5月12日から令和3年5月31日まで(20日間)
支給対象 措置区域において、期間中、営業時間の短縮及び酒類の提供自粛等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)、喫茶店を運営す る事業者
営業時間等 午前5時から午後8時まで(酒類提供等は終日自粛(飲酒の機会の提供含む)。)

支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額4万円から10万円又は 飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円


【その他地域(48市町村)】

措置区域外 その他地域(48市町村)
要請期間 令和3年5月12日から令和3年5月31日まで(20日間)
支給対象 措置区域を除く県内全域において、期間中、営業時間の短縮及び酒類の提供自粛等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)、 喫茶店を運営する事業者
営業時間等 午前5時から午後9時まで(酒類提供等は終日自粛(飲酒の機会の提供含む)。ただし、一人又は同居家族のみのグループを除く。)
支給額 飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額2万5千円から7万5千円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円

 

  • 大規模施設等に対する営業時間短縮要請に伴う感染防止対策協力金の支給
要請期間 令和3年5月12日から令和3年5月31日まで(20日間)
支給対象 まん延防止等重点措置区域において、期間中、営業時間の短縮(午後8時まで)等に協力した建築物の床面積1,000平方メートル超の大規模施設(生活必需物資の小売関係等を除く。)等を運営する事業者
単価
  • 大規模施設運営事業者:1,000平方メートルごとに日額20万円
  • テナント事業者等:100平方メートルごとに日額2万円
支給額

単価に「短縮した時間/本来の営業時間」を乗じた額を支給

新型コロナウイルスワクチン接種体制の強化

  • 市町村集団接種会場における医療従事者確保のための助成
助成対象 診療時間外、休日に集団接種会場に医師や看護師等を派遣(7月31日まで)した医療機関に対し財政支援を行った市町村
上限額 1人1時間当たり 医師7,550円、看護師等2,760円

 

  • 県による集団接種会場((仮称)埼玉県高齢者ワクチン接種センター)の設置、運営
会場 埼玉県浦和合同庁舎
運営期間 令和3年6月1日から令和3年7月31日(土日祝日を含む。)


総括、予算規模、主な内容(PDF:8KB)

予算措置第3弾(令和3年度補正予算(案))【4月26日発表】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくまん延防止等重点措置区域を追加し、同区域内の飲食店等の事業者に
対して更なる営業時間短縮等を要請することに伴い、感染防止対策協力金等を措置するため補正予算を編成しました。

一般会計 24億6,903万1千円(補正後累計 2兆1,803億8,766万円)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • まん延防止等重点措置区域の追加に伴う「埼玉県感染防止対策協力金」等の措置
追加区域 川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町(13市町)
要請期間 令和3年4月28日から令和3年5月11日まで(14日間)
対象

追加区域において、期間中、営業時間の短縮及び酒類の提供自粛等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)、喫茶店を運営する事業者

営業時間等 午前5時から午後8時まで(酒類の提供自粛等は終日)
支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額4万円から10万円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円

 

  • 営業時間短縮要請等に係る働きかけ活動の推進

総括、予算規模、主な内容(PDF:8KB)

予算措置第2弾(令和3年度4月補正予算(案))【4月16日発表】新規・更新箇所

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、まん延防止等重点措置の適用を国へ要請したことに伴い、県内飲食店等の事業者に対する感染防止対策協力金の支給に要する経費など、当面緊急に対応すべき事業について、補正予算を編成しました。

一般会計 385億5,340万9千円(補正後累計 2兆1,779億1,862万9千円)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 営業時間短縮要請の期間延長等に伴う「埼玉県感染防止対策協力金」の支給

【まん延防止等重点措置区域】

要請期間 令和3年4月20日から令和3年5月11日まで(22日間)
支給対象 さいたま市及び川口市において、期間中、営業時間の短縮等に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)、喫茶店を運営する事業者
営業時間

午前5時から午後8時まで(酒類提供時間は午前11時から午後7時まで)

支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額4万円から10万円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円


【その他地域】

要請期間 令和3年4月20日から令和3年5月19日まで(30日間)
支給対象 まん延防止等重点措置区域を除く県内全域において、期間中、営業時間の短縮に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)、喫茶店を運営する事業者
営業時間

午前5時から午後9時まで(酒類提供時間は午前11時から午後8時まで)

支給額

飲食店等の売上高に応じ、1店舗当たり日額2万5千円から7万5千円又は飲食店等の売上高減少額に応じ、1店舗当たり日額最大20万円

※まん延防止等重点措置の要請期間終了後、さいたま市及び川口市は、令和3年5月12日からその他地域に含む

  •  営業時間短縮要請に係る働きかけ活動等の推進
  •  アクリル板の設置等感染防止対策を実施する県内飲食店等に対する支援
  • 高齢者、障害者入所施設の職員に対するPCR検査の追加実施

総括、予算規模、主な内容(PDF:7KB)

予算措置第1弾(令和3年度補正予算(案))【3月25日発表】

   国の「非正規雇用労働者等に対する緊急支援策」等を踏まえ、生活福祉資金の貸付原資等への補助に要する経費に予算措置を講じるとともに、県内飲食店の事業者に対する感染防止対策協力金の支給に要する経費などについて補正予算を編成しました。

一般会計 195億2,222万円    (補正後累計  2兆1,393億6,522万円)

 国の緊急支援策への対応

  • 生活福祉資金の特例貸付の受付期間延長に伴う補助金の増額
  • 子育て世帯生活支援特別給付金の支給

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

  • 営業時間短縮要請の期間延長に伴う 「埼玉県感染防止対策協力金 」の支給
要請期間 令和3年4月1日から令和3年4月21日まで(21日間)
支給対象 県内全域において、期間中、営業時間の短縮に協力した飲食店(バー、カラオケボックス等を含む。)を運営する事業者
営業時間 午前5時から午後9時まで(酒類提供時間は午前11時から午後8時まで)

 

  • 高齢者、障害者入所施設の職員及び新規入所者に対するPCR検査の実施

 総括、予算規模、主な内容(PDF:136KB)

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?