ページ番号:184135

掲載日:2021年10月11日

ここから本文です。

埼玉県指定 診療・検査医療機関の指定について

目次

 1 医療機関の皆さまへ

埼玉県では、発熱患者が迷わず、身近な診療所等で診療・検査が受けられるよう、新型コロナウイルス感染症などの診療・検査に対応できる診療所等を「埼玉県指定 診療・検査医療機関」に指定し、公表しています。

多くの医療機関の皆さまの御協力のおかげをもちまして、目標としていた1,200医療機関を超える指定をすることができました。

感染拡大時に検査数が増大する中でも、県内で行われている検査のおよそ8割を診療・検査医療機関に担っていただいており、本県の診療・検査体制を力強く支えていただいています。厚く御礼申し上げます。

  • 検査件数が多かった日の実施状況(令和3年10月5日集計時点) ※G-MISへの入力情報により集計
日付 県内検査件数(A) うち、診療検査医療機関での検査件数(B) 診療・検査医療機関での検査実施割合 (B)/(A)
令和3年8月23日 11,120 9,226 83.0%
令和3年8月16日 10,914 8,892 81.5%
令和3年8月10日 10,805 9,018 83.5%

 

新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中では、県としては今後も診療や検査を担っていただける医療機関を増やしていきたいと考えております。

医療機関の皆さまの御協力をお願いいたします。  

 2 手続の流れ ※各リンクから、それぞれの手続の詳細などを覧いただけます。

■埼玉県指定 診療・検査医療機関に指定

↓ 県から指定通知書の発行

 3 指定を受けるために必要な手続など

埼玉県指定 診療・検査医療機関としての指定を受けるためには、以下の手続や対応が必要です。

詳細は、各ページをご覧ください。

  1. 指定申請 (変更申請を含む)
  2. 県ホームページ等で医療機関名や対応時間の公表に同意すること
  3. 公費負担適用のための委託契約(集合契約等)を締結すること(検査を行う機関のみ)
  4. 受診者数や陽性者等の情報についてG-MISやHER-SYSに必要な情報の入力を行うこと

 (1)  指定申請

【新規申請】「埼玉県指定 診療・検査医療機関」の指定申請 (電子申請システム)

 診察と検査の両方を行う医療機関はこちら
申請フォーム(新規申請) 申請フォーム
二次元コード 指定申請URL(診療+検査)
診療のみを行う医療機関はこちら
申請フォーム(新規申請) 申請フォーム
二次元コード 指定申請URL(診療のみ)

【変更申請】「埼玉県指定 診療・検査医療機関」の変更届出申請 (電子申請システム)

診察と検査の両方を行う医療機関はこちら
申請フォーム(変更申請) 変更フォーム
二次元コード 変更
 診療のみを行う医療機関はこちら
申請フォーム(変更申請) 変更フォーム
二次元コード 変更(診療のみ)

  (2)  県ホームページ等での医療機関名や対応時間等の公表への同意

埼玉県指定 診療・検査医療機関としての指定を受けると、県ホームページ等で医療機関名や対応時間等が公表されます。

公表に同意いただける場合は、申請をお願いいたします。

  (3)  公費負担適用のための委託契約(集合契約等)について

 新型コロナウイルス感染症に係る保険適用のPCR検査や抗原検査については、一定の要件を満たした場合に公費負担の対象となります。

詳細は、以下のページをご覧ください。(検査を行う医療機関のみ対象)

「新型コロナウイルス感染症に係るPCR検査等の公費支給に関する契約について」

 (4)  G-MIS(新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム)での検査実施報告等

検査を実施した場合には、G-MISにより実施検査数を報告していただく必要があります。

登録や入力の方法など、詳細は以下のページをご覧ください。

「G-MIS(新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム)での検査実施報告等について」

 4 支援措置 

国による財政支援

  • 国から「交付決定通知」を受領したら、実績報告をしてください。
  • 実績報告後に国から郵送される「確定通知書」を受領したら、精算交付申請の要件に該当する場合には申請をしてください。申請に当たっては、以下のガイドを参考にしてください。

 

上記(1)~(3)の補助金については、国からの直接執行となります。

(3)の補助金については、個別の処理状況が国のコールセンターで確認できますので、ご利用ください。

厚生労働省医療提供体制支援補助金コールセンター
0120-336-933(受付時間は平日9:30~18:00)

診療報酬上の特例的な対応

診療・検査医療機関(保険医療機関)が、必要な感染予防策を講じた上で発熱患者等の外来診療を行った場合、診療報酬上の特例的な対応があります。

  • 令和4年3月31日までの措置。
  • 診療・検査医療機関として都道府県から指定され、その旨が公表されている保険医療機関において、その診療・検査対応時間内に、新型コロナウイルス感染症であることが疑われる患者に対し、必要な感染予防策を講じた上で外来診療を実施した場合、院内トリアージ実施料(300点)に加えて、二類感染症患者入院診療加算(250点)を算定することが可能。

詳細については、「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その63)」(令和3年9月28日厚生労働省保険局医療課事務連絡)(PDF:165KB)別添の問1及び問2を参照ください。

 個人防護具(PPE)の配布 

秋冬のインフルエンザ流行に向け、診療・検査医療機関に指定されると国から個人防護具(PPE)が配布されます。

詳細はこちら(PDF:641KB)をご覧ください。

一時的な不足が発生し緊急に必要な場合は、G-MISまたは電話で県に緊急配布要請をしてください。

サージカルマスク 薬務課 048-830-3640
アイソレーションガウン、フェイスシールド、非滅菌手袋 感染症対策課 048-830-7500

 5 診療ガイドライン 

医療機関の医療従事者の皆さまと患者の皆さまが、ともに安全に診療・検査を行うことができるよう、埼玉県と埼玉県医師会が連携して診療ガイドラインを作成しました。

診療に当たり、参考にしてください。

【参考】令和2年10月2日付 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 事務連絡(PDF:2,652KB)により、新型コロナウイルス感染症に係る核酸検出検査、抗原定量検査及び抗原定性検査の検体として新たに鼻腔検体を活用することが可能となりました。

 6 埼玉県指定 診療検査医療機関に関するQ&A

 こちらに、Q&Aを掲載しています。

お問い合わせ

保健医療部 感染症対策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?