Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 福祉 > 指導監査 > 指導監査実施結果 > 平成30年度社会福祉施設等指導監査実施結果

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月15日

平成30年度社会福祉施設等指導監査実施結果

目次

  1. 平成30年度 指導監査の基本方針
  2. 平成30年度 社会福祉施設等指導監査等結果

1 平成30年度 指導監査の基本方針

  • (1)利用者の立場に立った指導・監査
  • (2)重大事案に関する機動的な対応
  • (3)指摘事項の改善徹底
  • (4)指導・監査の重点項目
    • ア 事故防止対策
    • イ 虐待防止対策
    • ウ 介護報酬の適正な算定
    • エ 福祉人材の確保・定着対策
    • オ 社会福祉法人による地域公益的取組の促進

2 平成30年度  社会福祉施設等指導監査結果

(1)指導監査概況

【施設・事業所数】

対象  9,007施設・事業所(前年度比  -3,804施設・事業所、29.7%減)
実施  3,137施設・事業所(前年度比     -626施設・事業所、16.6%減)

【指摘状況】

指摘件数  4,173件(前年度比  2,511件減)

(2)指導監査実施状況

ア 平成30年度社会福祉施設等に対する指導監査実施状況 

施設の種類

対象数

実地

書面

定期指導

監査計

追指導

随時

調査

特別

調査

特別

監査

合計

高齢者福祉施設

   385

   151

  185

    336

     0

   6

   7

   0

   349

児童福祉施設

 1,719

   389

  670

 1,059

     0

   1

   3

   14

 1,077

障害者福祉施設・事業所

 1,790

  314

    33

    347

     0

   4

   4

   0

   355

介護事業所

 5,090

 1,268

     0

 1,268

   15

 51

   6

   3

 1,343

その他

    23

     12

     1

      13

     0

   0

   0

   0

     13

合計

9,007

 2,134

  889

 3,023

    15

 62

  20

 17

 3,137

 

イ 指導監査実施状況の推移 

施設の種類

28年度

29年度

30年度

対前年度比

(件数)

対前年度比

(率)

高齢者福祉施設

    350

    364

    349

       -15

   -4.1%

児童福祉施設

 1,120

 1,170

 1,077

      -93

   -7.9%

障害者福祉施設・事業所

    321

    368

    355

     -13

 -3.5%

介護事業所

 1,635

 1,844

 1,343

       -501

   -27.2%

その他

      9

      17

      13

       -4

   -23.5%

合計

 3,435

 3,763

 3,137

      -626

   -16.6%

 

(3)指導監査実施結果(特別調査を除く)

ア 平成30年度 施設・事業所種類別指摘件数と推移

施設の種類

28年度

29年度

30年度

対前年度比

(件数)

対前年度比

(率)

高齢者福祉施設

    412

    346

   314

     -32

 -9.2%

児童福祉施設

    467

    420

    395

     -25

 -6.0%

障害者福祉施設・事業所

    539

    407

    345

     -62

  -15.2%

介護事業所

 4,109

 5,484

 3,112

     -2,372

   -43.3%

その他

      12

      27

      7

       -20

  -74.1%

合計

 5,539

 6,684

 4,173

    -2,511

 -37.6%

 

イ 平成30年度 分野別指摘件数

区分

件数

法人運営

   92

運営管理

1,754

処遇

2,303

財務管理

  24

合計

4,173

 

ウ 平成30年度 主な指摘事項

【高齢者福祉施設】

項目

主な指摘事項

日常生活費の取扱い

サービスの有無に関係なく全入所者から一律に費用を徴収していた。

身体拘束適正化 身体拘束適正化に関する指針が整備されていない。

理事会及び評議員会の開催

評議員会の開催日時及び議題について理事会で決議していない。

 

 【児童福祉施設】

項目

主な指摘事項

消防訓練の不適

消火・避難訓練の実施が不十分

自己評価未実施

保育内容の自己評価が行われていない。
面積基準違反 各保育室の許容面積基準を超える人数が入所している。

 

【障害者福祉施設・事業所】
(障害者福祉施設)

項目

主な指摘事項

用途変更の未届け

施設内の部屋等の用途変更をした場合の届出がなされていない。

加算の算定

給付費加算に係る要件等の不備・請求誤り

  

(障害福祉サービス事業所)

項目

主な指摘事項

消防訓練の不適

消火・避難訓練の実施が不十分

用途変更の未届け

施設内の部屋等の用途変更をした場合の届出がなされていない。

研修の未実施

虐待防止に関する研修が十分に行われていない。
加算の算定 給付費加算に係る要件等の不備・請求誤り

預かり薬の不適切な管理

預かり薬の管理が十分に行われていない。

 

【介護事業所】
(介護老人保健施設・特定施設)

項目

主な指摘事項

利用契約書、重要事項説明書 必要な重要事項の掲示がされていない。
介護報酬の算定・請求 加算要件に不備がある(必要事項の未実施、職員配置等の要件欠如など)。
その他 身体拘束適正化の指針の記載や研修実施が不十分

 

(介護保険居宅サービス事業所) 

項目

主な指摘事項

人員の配置

通所介護事業所において、看護職員の配置が基準を満たしていない。

訪問介護員等が常勤換算方法で2.5人以上配置されていない。

運営規程、重要事項説明書 運営規程の記載に誤り等の不備がある。

重要事項説明書の一部が運営規程と整合されていない。また、現状と記載内容が異なっている。

重要事項の掲示内容に不備がある。
居宅サービス計画個別支援計画

居宅サービス計画に沿った個別支援計画が作成されていない(最新の居宅サービス計画が入手されていない)。

個別支援計画に必要事項の記載がない(訪問介護員の氏名など)。

サービス提供記録 提供したサービス内容について、その記録が不十分である(利用者の心身の状況など)。
秘密保持等 個人情報の使用について、利用者家族の同意を文書で得ていない。
介護報酬の算定・請求 加算要件に不備がある(必要事項の未実施、職員配置等の要件欠如など)。
その他 職員の健康状態の把握が適切ではない。

職員の研修が実施されていない。

定期的な避難訓練等の実施がされていない。

防炎加工でないカーテンが設置されていた。

身体拘束適正化の指針の記載や研修実施が不十分

 

 ※主な指摘事項とその改善策についてはこちらをご覧ください。
「実地指導での主な指摘事項に関するQ&A」

 

(4)特別調査実施結果

施設や事業所における緊急かつ重大な不正や権利侵害のおそれ等を内容とする苦情・通報があった場合は特別調査を行いました。

平成30年度 特別調査実施結果

 

高齢者福祉施設

障害者福祉施設・事業所

児童福祉施設

介護事業所

特別調査実施回数

          7

               7

        0

        6

        20

 

苦情の手段

高齢者福祉施設

障害者福祉施設・事業所

児童福祉施設

介護事業所

電話

          3

               1

        0

        4

        8

手紙・FAX

          1

               2

        0

        0

        3

電子メール

          0

               0

        0

        0

        0

来庁

          0

               0

        0

        0

        0

その他(事故報告)

          3

               4

        0

        2

        9

          7

               7

        0

        6

       20

 

区分

主な苦情内容

運営管理

実務経験証明書を偽造している。

児童発達支援管理責任者の勤務実態がない。

賞与が未払いで、職員の大量退職のおそれがある。

処遇

職員による利用者への虐待(身体的、性的、暴言)

定員を超過している。

人員基準を満たしていない。

 

改善状況

 

改善指導 11件(文書4、口頭7)

特別監査に移行 2件(うち取消処分1、一部効力停止1)

関係課に対応を依頼 3件 

残りの4件は苦情内容の事実が確認できなかった。

 

 

(5)社会福祉施設整備工事検査実施状況

 

 社会福祉施設の整備工事が適正に行われているか検査を行いました。

 

区分

着工時検査

中間時検査

完成時検査

合計

件数

       13

       14

       14

      41

 

 

 

お問い合わせ

福祉部 福祉監査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館3階

ファックス:048-830-4788

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?