トップページ > 文化・教育 > スポーツ > 障害者スポーツ > 「埼玉150周年記念/第2回埼玉県ボッチャ大会」を開催します!

ページ番号:201193

掲載日:2021年9月17日

ここから本文です。

「埼玉150周年記念/第2回埼玉県ボッチャ大会」を開催します!

ボッチャは、東京2020パラリンピック競技大会において競技種目として実施され、日本代表選手が金メダル等を獲得したこともあり、多くの注目を浴びています。

そこで、埼玉県では、「ボッチャの普及・促進」及び「共生社会の機運醸成」を目的として、ボッチャ大会を開催します。

本大会は、県内在住、在勤、在学の方であれば、障害の有無、年齢やボッチャ経験の有無を問わず、チームを組んで申込みが可能です。

「ボッチャをやってみたい」、「自分の実力を試してみたい」など、興味のある方は是非御応募ください。

「埼玉150周年記念/第2回埼玉県ボッチャ大会」チラシ(PDF:524KB)

1 大会詳細

実施要項

「埼玉150周年記念/第2回埼玉県ボッチャ大会」実施要項(PDF:227KB)

主催

埼玉県

協力

埼玉県ボッチャ協会

協賛

日本電気株式会社(NEC)、イオンリテール株式会社、東京ガス株式会社、株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行

日程

令和3年11月3日(水曜日・祝日)

受付 8時15分から9時00分まで
開会式 9時30分から10時00分まで
リーグ戦 10時00分から12時30分まで
表彰・閉会式 12時30分から13時00分まで

会場

埼玉県立武道館 主道場(上尾市日の出4-1877)

参加条件

  • 県内在住、在勤、在学の方に限ります。なお、選手の年齢、障害の有無及びボッチャ経験は問いません。
  • 1チームあたり3~5人のチームで参加すること。
  • ボッチャの基本的なルールを理解していること。
  • 実施要項に記載された「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策」を遵守すること。

募集チーム数

16チーム

参加費

無料

2 申込方法

10月8日(金曜日)までに、埼玉県「電子申請・届出サービス」からお申込みください。
なお、申込チーム数が募集チーム数を上回った場合は、抽選で出場チームを決定します。

3 競技ルール

本大会は、原則「日本ボッチャ協会競技規則2017-2020 v.2」に沿って行いますので、事前にルールを確認していただくようお願いします。

また、大会用ルールを以下のとおり設定します。

  • 1ゲームにおける出場選手は3人とし、各ゲーム前に決定する。出場選手の交代については、エンドとエンドの間に審判に申告した場合にのみ認められる。
  • 1ゲーム2エンドで行い、1エンドあたり1人2球を投げる。ジャックボールはチームの誰が投球しても良い。
  • チームの1エンドの持ち時間は4分とする。ただし、障害のある選手が競技するエンドについてはそのチームの持ち時間は5分とする。

ボッチャについて知りたい方はこちらのガイドブックを御覧ください。

公益財団法人日本障害者スポーツ協会 かんたんボッチャガイド(PDF) 

4 その他

  • 主催者、協力団体及び協賛団体が撮影した写真や動画は、後日、主催者の広報活動等に使用される場合があります。また、報道関係者等の取材があった場合は、新聞やテレビ等のメディアで報道される場合があります。
  • 本大会は、感染拡大の状況に応じ、中止とする場合があります。

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 障害者スポーツ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?