トップページ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 計画・施策 > 高齢者の活躍支援と安心して暮らせるまちづくり

ページ番号:19755

掲載日:2019年11月25日

ここから本文です。

高齢者の活躍支援と安心して暮らせるまちづくり

「老人の日・老人週間」について

誰もが健康で安心して生きがいを持った生活を送ることのできる活力ある長寿社会を築くためには、一人ひとりが、家庭、地域社会、職場、学校などで高齢者との関わりを深めていくことが重要です。

そこで、内閣府等が中心となり、「老人の日・老人週間」キャンペーンを全国的に展開しています。

キャンペーン概要

期間

老人の日 9月15日

老人週間 9月15日~21日

主唱

内閣府 消防庁 厚生労働省 全国社会福祉協議会 全国老人クラブ連合会

長寿社会開発センター 日本医師会 日本歯科医師会

日本薬剤師会 日本看護協会 日本社会福祉士会 日本介護福祉士会

協賛

NHK 日本新聞協会 日本民間放送連盟

敬老の日とどう違うの?

〈敬老の日〉

9月の第3月曜日。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを目的にしています。(国民の祝日に関する法律第2条)

〈老人の日〉

9月15日。「広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促す」ことを目的にしています。(老人福祉法第5条第1項)

  • 平成13年の国民の祝日に関する法律の改正により、「敬老の日」は9月15日から「9月の第3月曜日」に変わりました。
  • 「老人の日」は老人福祉法により9月15日と定められています。

埼玉県の取組

埼玉県では、全国的に展開される「老人の日・老人週間」キャンペーンの趣旨を踏まえ、関連事業を実施しました。

1.いきいき創作展

県内在住の60歳以上の方々による意欲溢れる作品を展示する催しです。絵画や書など6つの部門で多くの力作が勢揃いしました。

令和元年度の結果

  • (1)日時 9月26日(木曜日)~9月29日(日曜日)
  • (2)場所 埼玉会館
  • (3)部門 日本画、洋画、書、写真、工芸、文芸
  • (4)主催 埼玉県、(公財)いきいき埼玉、(公財)埼玉県老人クラブ連合会
  • (5)協賛 (一財)埼玉新聞社会福祉事業団
  • (6)後援  (株)埼玉新聞社
  • (7)出展数 454点
  • (8)来場者 1,523人

2.埼玉県老人ホーム入園者創作品展

県内老人ホームに入園されている方々による数多くの創作品の中から選ばれた100点を超える優秀作品を展示しました。

平成30年度の結果

  • (1)日時 12月11日(火曜日)
  • (2)場所 大宮ソニックシティ 4階市民ホール
  • (3)内容 書、絵画、写真、彫刻、陶芸、工芸、手芸、洋裁、和裁
  • (4)主催 埼玉県、(社福)埼玉県社会福祉協議会、(一社)埼玉県老人福祉施設協議会
  • (5)出展数 148点

3.全国健康福祉祭(ねんりんピック)への埼玉県選手団の派遣

高齢者を中心とするスポーツ、文化、健康と福祉の総合的な祭典である全国健康福祉祭(ねんりんピック)に、埼玉県選手団を派遣しました。

令和元年度の結果

全国健康福祉祭わかやま大会

  • (1)日時 11月8日(土曜日)~11月12日(火曜日)
  • (2)場所 和歌山県内9市12町
  • (3)派遣人数 126名
  • (4)埼玉県実行委員会事務局 (公財)いきいき埼玉 

4.シルバースポーツ大会

各市町村において選ばれた60歳以上の方々が出場する大会です。ゲートボールやグラウンドゴルフなど6つの部門で熱戦が繰り広げられました。

令和元年度の結果

  • (1)日時 6月4日(火曜日)
  • (2)場所 熊谷スポーツ文化公園(彩の国くまがやドーム・陸上競技場・東第4多目的広場)
  • (3)内容   ゲートボール、グラウンド・ゴルフ、ペタンク、ソフトテニス、ワナゲ、マグダーツ
  • (4)主催 埼玉県、(公財)埼玉県老人クラブ連合会 
  • (5)参加選手 約1,000名
  •  

お問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課 総務・高齢企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?