トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 社会福祉施設について > 社会福祉施設職員等退職手当共済制度について

ページ番号:210089

掲載日:2022年1月24日

ここから本文です。

社会福祉施設職員等退職手当共済制度について

社会福祉施設職員等退職手当共済制度とは

社会福祉施設職員等退職手当共済制度は、「社会福祉施設職員等退職手当共済法」に基づき、独立行政法人福祉医療機構が実施する制度です。

社会福祉施設等の経営者が、独立行政法人福祉医療機構と契約し、掛金を納付します。被共済職員本人の費用負担はありません。

ご自身が被共済職員にあたるかは、お勤め先の社会福祉施設にご確認ください。

退職手当の請求方法

退職手当金の支給を受けるためには、退職した被共済職員が、共済契約者(施設経営者)に対して「退職手当金請求書」を提出する必要があります。

退職手当金請求書の提出を受けた施設経営者は、独立行政法人福祉医療機構の共済部退職給付課へ、必要書類(被共済職員退職届等)を提出します。提出先が埼玉県社会福祉協議会から変更となっていますのでご注意ください。



お問い合わせ

福祉部 社会福祉課 施設指導・福祉人材担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4782

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?