トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 福祉分野のCSR > 富士ゼロックス埼玉株式会社における福祉分野(職場、社会貢献)CSRの取組

ページ番号:135841

掲載日:2021年3月4日

ここから本文です。

富士ゼロックス埼玉株式会社における福祉分野(職場、社会貢献)CSRの取組

 

当社は、埼玉県内全てのお客様とのコラボレーションを通し、「喜びの共感」及び各々の「夢の実現」が共に享受できることを願って、「強く・やさしく・おもしろい」会社の具現化に努力しています。

富士ゼロックス埼玉のCSRに関するホームページ

健康経営について

 

2019年9月に富士フイルムホールディングス株式会社は、企業理念・目指す姿(ビジョン)を実践するための基盤となる従業員の健康維持増進を経営課題としてとらえ、健康経営をより力強く推進するため、「富士フイルムグループ健康経営宣言」を制定しました。

当社も、富士フイルムグループの一員として、健康維持増進施策をさらに拡大していきます。

<富士フイルムグループ健康経営宣言>

富士フイルムグループは、社会に新たな価値を創造するリーディングカンパニーであり続けるために、従業員が心身ともにいきいきと働ける健康づくりを積極的に推進すること、そして「100年を生きる時代」の社会の人々に、生きる力、生きる楽しさを提供していくことを宣言します。

<具体的な取り組みの例>

生活習慣病・がん・喫煙・メンタルヘルス・長時間労働の5つの領域において中期目標を設定

従業員の健康データを一元管理・分析

拡大教科書制作支援

通常の教科書の文字や絵をそのままでは読むことが困難な弱視の児童、生徒たちのために、ボランティアグループの方々が「拡大教科書」を手作りで作成しています。富士ゼロックス埼玉では、この「拡大教科書」づくりを実施するボランティアの方々や弱視児童・生徒の保護者に対して、カラーコピーの無償提供、作業スペースの提供及びボランティア連絡会への出席を実施しています。

写真は、本社ショウルームで作業をする「大宮拡大写本銀のしずく」のみなさまです。

作業の様子

授産施設サポーターへの登録

授産施設(就労の機会に恵まれない障害のある方がリハビリ、訓練も含めて働く施設)の利用者の工賃増額などを目指し、様々なノウハウ、得意分野を授産施設へ提供しています。

ボランティア休暇

月間5日間まで積立休暇(使用期限が過ぎて失効した有給休暇、最高60日分を積み立てたもの)を使って、ボランティア休暇を申請・取得することができます。

ボランティア休暇を使って、平日開催されるボランティアイベントへ参加したり、一週間単位でスペシャルオリンピックスのボランティアとして活動したり、海外キャンプへ参加するなど使用形態は様々です。

多様な働き方実践企業「ゴールド」認定

埼玉県で推進している埼玉版ウーマノミクスプロジェクトにおいて、多様な働き方を実践している企業の認定を申請し、「ゴールド」に認定されました。

 

お問い合わせ

福祉部 福祉政策課 政策企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4801

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?