Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月7日

生物多様性の保全

生物多様性とは

「生物多様性」という言葉をご存知ですか?

生物多様性とは、すべての生き物の間に違いがあるということです。

生き物たちは、それぞれに個性を持ち、互いにつながり支え合いながら生きています。

皆さまに生物多様性について知っていただくためのパンフレットがございますので、みどり自然課まで必要部数を御連絡ください。

また、下記からダウンロードしていただくこともできます。

生物多様性を考えよう(PDF:3,413KB)

なぜ生物多様性を保全するのか

わたしたちは、食べ物、薬、燃料や工業製品の材料など、多くの物を自然からもらっています。

わたしたちは生物多様性が保たれていることで様々な恩恵を受けており、何かが欠けてそれが壊れてしまうと、生きていけなくなってしまいます。

近年、人間の生活や開発による影響等により、昔はどこにでもいた生き物たちが見られなくなるなど、生物多様性が脅かされつつあります。わたしたちがずっと安心して暮らすためには、自然の中の様々な生き物を守っていくことが大切です。

生物多様性を守るために

生物多様性を守るために、わたしたちにできることは何でしょうか?

生物多様性を保全していく取組は、難しいことばかりではありません。

ちょっとした工夫や心がけで、日々の生活の中でできることがたくさんあります。

 

  • 家の周りに樹木を植えるときは、もともとその地域に生えているものを使う
  • 外国から持ち込まれた動物をペットとして飼う場合は、最後まで面倒を見て決して野外に放さない
  • 出かけた時には、ゴミを捨てずに持ち帰る
  • むやみに野草を採ったり傷つけたりしない
  • 野生動物にエサを与えない
  • 河原や森林などでは、決められた場所以外に車を乗り入れない
  • 流しに使い終わった油や食べ残しを捨てない
  • 殺虫剤や除草剤などの使用を控えるようにする

このように、当たり前のことを一人一人が「守る」ことも大切な取組の一つなのです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 みどり自然課 野生生物担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

電話:048-830-3154

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?