Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > 自然環境 > 希少野生生物 > 希少野生生物(レッドデータブックなど)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年12月13日

希少野生生物(レッドデータブックなど)

県版レッドデータブックについて

県版レッドデータブックは、県内で絶滅のおそれがある動植物をリストアップし、その現状をまとめた本です。
本県では平成8年3月に動物編を作成し、平成14年3月に改訂版、平成20年3月に再改訂版となる「埼玉県レッドデータブック2008(動物編)」を発行しました。

また、植物編は平成10年3月に作成し、平成17年3月に改訂版、平成24年3月に「埼玉県レッドデータブック2011植物編」を発行しました。

皆様に野生生物への関心を寄せて頂くことで、その保護の輪が広がります。ぜひ、ご覧ください。

レッドデータブックの販売について

県版レッドデータブックについては、県政情報センター(県庁衛生会館1階)で販売しています。また、埼玉県内の書店でも取り寄せできます。
(動物編:1,543円 植物編:1,543円)

販売に関する問い合わせ先
県政情報センター
048-830-2543

埼玉県希少野生動植物の種の保護に関する条例

埼玉県希少野生動植物の種の保護に関する条例が、平成12年3月24日公布されました。
総則については3月24日、第2章以降については12月1日に施行されました。
また、県内希少野生動植物種についても、平成12年12月1日に17種、平成13年12月1日に5種が指定されました。

1.趣旨

希少野生動植物の種の保護を図り、これを県民共通の財産として次代に継承するため、県及び県民等の責務を明らかにするとともに、希少野生動植物の種の保護に必要な事項を定める。

2.主な内容

(1)県の責務

  • ア 希少野生動植物の種の保護に関する基本的かつ総合的な施策を策定し及び実施する。
  • イ 教育活動等を通じて、希少野生動植物の種の保護の必要性について、県民等の理解を深めるとともに、市町村が実施する施策を支援する。

(2)県民等の責務

県が行う施策に協力し、希少野生動植物の種の保護に寄与するよう努める。

(3)希少野生動植物種保護基本方針の策定

県内希少野生動植物種の選定、生息地等の保護、保護管理事業に関する基本的事項を定める。

(4)保護すべき種の指定

保護すべき種として、県内希少野生動植物種を規則で指定する。その中で緊急に保護が必要な種を特定県内希少野生動植物種として、知事が指定する。

(5)保護区の指定

県内希少野生動植物種の保護のため重要な地域を必要に応じ指定する。

(6)保護管理事業計画

県内希少野生動植物種ごとに、保護管理事業の目標、区域、内容を定める。

(7)罰則

禁止規定、命令規定等の実効性を担保するため、罰則を設ける。

埼玉県オオタカ等保護指針の取扱いについて

この指針の取扱いについて

指針は、県の庁内関係課及び市町村の自然保護,鳥獣保護関係課に環境アセスメント制度や各種開発行為の許認可をはじめとしてオオタカの保護に当たっての手引き書として活用してもらうために配布したものであり、法的な根拠があるものではない。また、事業者や県民の方々にも広く活用していただけるようその内容をホームぺージに掲載する。

指針の内容は、オオタカの保護の観点からまとめたものであり、その上での開発に際しての考え方を示している。以下の点に留意が必要である。

  • (1) 指針に示されている数値は、調査に当たっての目安であり、開発の適否を数値で判断するものではない。
  • (2) 現地調査に基づいて保護方策を検討する。
  • (3) 猛禽類の生態に詳しい専門家の指導助言を仰ぐことが必要である。
  • (4) 県内のオオタカは、地域的に分布密度が異なっているため、地域別対応方針に基づき保護を考えるものであり、その保護の手法を画一的に考えるものではない。
  • (5) 今回の指針はこれまでの調査及び知見に基づいたものであり、今後とも調査研究を進め、さらに保護対策を充実する必要がある。
  • (6) 本指針の活用に際しては、環境庁が作成した「猛禽類保護の進め方」及び前橋営林局編集の「オオタカの営巣地における森林施業」も併せて参考とすること。  
    • 『猛禽類保護の進め方(特にイヌワシ、クマタカ、オオタカについて)』
      環境庁.1996.日本鳥類保護連盟(03-3225-3590),東京.
    • 『オオタカの営巣地における森林施業 生息環境の管理と間伐等における対応』
      前橋営林局編.1996.日本林業技術協会(03-3261-5281),東京.
 
 
 

お問い合わせ

環境部 みどり自然課 野生生物担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

電話:048-830-3143

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?