Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月18日

「ヒアリ」について

「ヒアリ」にご注意ください。

ヒアリは、南米原産の体長2~6mm(大きさにバラつきがある)の赤茶色のアリです。

本来、日本には生息しないアリですが、平成29年5月下旬以降、9都府県の港湾関係施設、コンテナ等関連施設で確認されています。

海外からの輸送船を介してコンテナや貨物に付着して侵入してきたと考えられます。

現在、国内での定着は確認されていません。

平成29年8月、県内で初確認

平成29年8月10日、狭山市内の物流倉庫内でアリ死骸1頭が発見され、県に通報がありました。

環境省がこのアリ死骸の同定を専門家に依頼したところ、8月16日にヒアリ(女王アリ)であることが確認されました。

このアリは、中国からコンテナで輸送された貨物の梱包内部で発見されたものです。

  • この事例で発見されたのは、死骸1頭のみです。
  • 発見後、県と市で目視調査を実施しています。
  • これまでの調査で、発見場所、関係施設、周辺地域で、疑わしいアリは確認されていません。

【参考】報道発表資料(県(PDF:210KB)国(PDF:246KB)

今回発見されたアリ環境省提供(環境省提供)

コンテナ流通等関係事業者の皆様へお願い

広域流通施設を介して、ヒアリを含めた特定外来生物が侵入する恐れがあります。

海外からのコンテナ等を取り扱う場合には、それら生物の付着や混入がないように対策をお願いいたします。

また、疑わしいアリを発見した場合には、早期通報に御協力ください。

 県民の皆様へ

これまでの国内のヒアリ発見場所は、港湾関係施設、コンテナ等物流関係施設となっており、住宅街等人の生活圏では発見されていません。

ヒアリはお尻の毒針で刺されると火傷のような激しい痛みと水ぶくれ(水疱)ができるので注意が必要です。

疑わしいアリを発見したら

極めて攻撃的なので、刺激したり素手でつかまえたりしようとせず、熱湯や市販のアリ用殺虫剤(成分:フィプロニル)をかけるといった方法で、殺虫してください。

万が一、刺されてしまった場合には、速やかに医療機関で受診してください。

県の相談窓口

  • 「疑わしいアリ」を発見した場合

みどり自然課または環境管理事務所で相談に応じています。

  • アリに刺された場合(健康相談)

保健所で健康相談に応じています。

「ヒアリ」ほか、特定外来生物に関する問合せ

環境省関東地方環境事務所(電話048-600-0516)

「ヒアリ」についての詳細な情報については環境省のHP等をご覧ください。

環境省HP

ヒアリに関するFAQ

ヒアリリーフレット(ストップ・ザ・ヒアリ)(PDF:6,961KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 みどり自然課 野生生物担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

電話:048-830-3143

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?