Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月24日

第11回彩の国みどりの作文・絵画コンクール受賞作品(作文)

小学校低学年の部

 埼玉県知事賞

 作文1

寸評

大すきなムクロジの木に対する琴さんのおもいがつたわってきます。家の近くのムクロジの木はなくなってしまったけれど、その木のタネが宝箱にたくさん残っているんだね。いつかそのタネが大きなムクロジの木になるのかな。

 埼玉県議会議長賞

 作文2

寸評

校門の近くの木「きのした先生」や家の庭のアジサイに颯さんがはげまされ、守られてきたという様子が伝わります。颯さんがどんな恩返しをしてくれるのか楽しみです。みどりいっぱいの世界を作ってくださいね。

 埼玉県教育委員会教育長賞

作文3

寸評

田んぼのじゅうたん、たんぼのカモサギワールドと、莞爾さんのユニークな表現により豊かな田んぼの風景が目に浮かんできます。5年生になったら、田植えをするのですね。莞爾さんの田んぼにもアイガモやシラサギがたくさん来るでしょうね。

小学校中学年の部

 埼玉県知事賞

作文4

寸評

身近な緑である妻沼小学校にそびえ立つケヤキの木(どう木)から、様々なことを学び、力強くまっすぐに生きている彩羽さんの姿が思い浮かびます。学校や地域の方々がどう木を大事にしてきたように私たちも色々な人たちに支えられて生きているということに改めて気づくことができる素敵な作品です。

 埼玉県議会議長賞

作文5

寸評

思音さんの作品を読んで、思わず「そうそう、分かる分かる」共感した人は多かったのではないでしょうか。その中で、思音さんは倒れてしまったホウセンカが立ち上がる様子に感動し、自分自身も成長することができていました。ホウセンカの花が咲き、笑顔の思音さんが想像できる楽しい作品です。

 埼玉県教育委員会教育長賞

作文6

寸評 

紗幸さんのお気に入りの大きなむくの木と、おじいさん、お父さん手作りのジャングルハウス。紗幸さんが遊んでいる姿が想像できて、読み手もうきうきする作品です。木々との触れ合いから「自ぜん守り隊」として自然を未来につなげようとする気もちがいっぱいにあふれています。

小学校高学年の部

 埼玉県知事賞

作文7

寸評

鳥たちの楽園でもあった立派な木でしたが、強風でたおれてしまいました。その木を必死で助けようとする家族の想い、そして芽吹いた新たな命。柿の木の姿を通して「生命の力強さ」を感じとることができましたね。大切なことを教えてくれた家族の宝物の柿の木。これからも大切にして下さい。

 埼玉県議会議長賞

作文8

寸評

おじいちゃんと玲さん達とのやりとりを見て、大きく実った柚子がにっこり微笑んでいるようです。家族の大切な思い出がふえましたね。緑や花が私たちを笑顔にしてくれること、気持ちを明るくしてくれること、感じとった大切な想いをこれからも持ち続けて下さいね。

 埼玉県教育委員会教育長賞

作文9

寸評

中尾小学校を知らなくても、この作品を読むだけで、とても良い環境なのがわかります。そして、遼太郎さんが学校のことが大好きで誇りに思っていることも伝わります。地域の人が大切に木を育ててくれているように、遼太郎さんも素晴らしい環境を未来へとしっかりとつないで下さい。

中学校の部

 埼玉県知事賞

 作文10

寸評

近所の玉蔵院との出会いをきっかけにして、木や花の美しさとは何かを考えています。身近な自然繰り返し関わりながら少しずつ自分なりの答えを見つけていく様子から、読み手も一緒になって身近な緑の価値について考えさせられる作品です。

 埼玉県議会議長賞

 作文11

寸評

新しくなった学校のシンボルツリーが大きくなっていく様子から樹木と人との関わりについて考えている作品です。シンボルツリーの花言葉と学校生活を結び付けて、その樹木の価値について考えたり、大きくなっていく様子を温かく見守ったりする姿が、中学生の視点でよく表現されています。

 埼玉県教育委員会教育長賞

 作文12

寸評 

「雑草という草はありません。その一つ一つに名があり、物語がひめられています」と「緑たちを育てるときには、声をかけるときれいに育つよ」の2つの言葉をきっかけにして、緑とは何か、どう関わっていけばよいかを考えている作品です。この2つの言葉で日々が充実していくことが伝わってきました。

 

※敬称は省略させていただきます。

お問い合わせ

環境部 みどり自然課 みどりの基金・県民運動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?