Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月22日

第10回彩の国みどりの作文・絵画コンクール受賞作品(作文)

小学校低学年の部

 埼玉県知事賞

 H30作文小学校低学年知事賞

寸評

仲なおりのきっかけを作ってくれるみどりは、まさにまほうを使っているようですね。芝生で遊んでいる楽しい顔、虫を見つけてわくわくした顔がうかんできます。虫にも、鳥にも、もちろん人間にも「みどりのまほう」がかかることに、日常の生活から気づいているすばらしい作品です。これからもみんなと仲よくしてね。

 埼玉県議会議長賞

 H30作文小学校低学年議長賞

寸評

みもざの木を大切に思う仁花さんの、優しい気持ちがよく伝わってきます。仁花さんの家族みんなに大切に育てられているみもざの木は、これからも大きく、元気に成長することでしょう。みもざの木も「仁花さん、いっしょにがんばろう」と応援してくれていますよ。

 埼玉県教育委員会教育長賞

H30作文小学校低学年教育長賞

寸評

みかんの木を大切にしている気持ちが、とてもよく伝わってきます。古くてあまり実をつけなくなった木も、きちんと手入れをすることでまた元気に育つのですね。冬になって、おいしいみかんをたくさん食べてくださいね。

小学校中学年の部

 埼玉県知事賞

H30作文小学校中学年知事賞

寸評

梶野さんが通っていた頃のあかめの木や学校の様子、そして現在の様子が、まるでそこにいるかのように目に浮かんできました。大きく枝を伸ばし、力強く根を張るあかめの木の生命力も素晴らしいですが、そこから自然の大切さに気づけたことも素晴らしいですね。

 埼玉県議会議長賞

H30作文小学校中学年議長賞

寸評

五感を使い、表現豊かに身の回りの自然を書き上げています。陽菜さんの草花が大好きなことが分かります。読んでいると、庭の花の様子が目に浮かび、香りまで伝わってきます。読んだ人を温かく幸せな気持ちにするすてきな作文です。

 埼玉県教育委員会教育長賞

H30作文小学校中学年教育長賞

寸評 

季節ごとの色とりどりの植物と虫たちの様子が目に浮かびます。ベランダの中で様々な花やミカンの木を中心に、生き物が集まり、育っていく様子が生き生きと書かれています。毎日ベランダの緑を楽しみに観察している姿が見えるようです。来年の春のミカンの木との背比べが楽しみですね。

小学校高学年の部

 埼玉県知事賞

H30作文小学校高学年知事賞

寸評

一キロ先まで広がる田んぼを海に例えた詩から、その広大さが伝わります。
稲の成長の様子が細かく描写され、家の前に広がる田んぼの姿が目に浮かぶようです。新しい道路ができ、大好きな風景が変わってしまったことから、便利さと自然について考えることができていたすばらしい作品です。

 埼玉県議会議長賞

H30作文小学校高学年議長賞

寸評

暑い夏の日に、すっと伸びる参道の木陰に入ったときのひんやりした空気、ほっとする気持ちが伝わってきます。身近な緑のすばらしさを感じているからこそ、地球の環境問題にも関心がわくのでしょう。大切な緑を守るための取り組みは、決して果てしないものではなく、身近な緑を守ることにつながっていると、多くの人に気づいてほしいですね。

 埼玉県教育委員会教育長賞

H30作文小学校高学年教育長賞

寸評

毎日見ている通学路沿いの河津桜並木から、四季折々の自然の美しさだけでなく、桜を植えた人々、それを守る人々のご苦労や努力を感じ取ることができましたね。自然を守ることの大切さを、読者にしっかりと伝えるすばらしい作品になりました。みんなに愛されている河津桜を、私たちの手で未来に残しましょう。

中学校の部

 埼玉県知事賞

 H30作文中学校知事賞

寸評

都幾川堤の桜並木と、筆者のおじいさんとの関係が丁寧に書かれています。桜の木をおじいさんのように囲む家族の姿が微笑ましいです。桜並木の保全にも目を向けられ、郷里を愛する心が、文章から伝わってきます。

 埼玉県議会議長賞

 H30作文中学校議長賞

寸評

大宮氷川神社に生きる様々な木。それらの木と共に成長する作者と家族との絆が、とてもよく伝わってきます。
今まで受け継がれてきた「緑」をさらに未来に残すために現代の課題を踏まえ、自分のできることを見つけていきたいという素直な思いが感じられる作品です。

 埼玉県教育委員会教育長賞

 H30作文中学校教育長賞

寸評 

澄玲さんの、道端に咲く小さな花々に向けるまなざしの温かさが伝わってきます。野草を摘んで味わう場面では、香りや見た目、食感が鮮明に描かれており、読んでいてわくわくしました。道端の小さな緑からも、たくさんの元気をもらえるということに気づかされました。

 

※ 敬称は省略させていただきます。

お問い合わせ

環境部 みどり自然課 みどりの基金・県民運動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?