トップページ > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 減量化・リサイクル > 埼玉県×若者 プラごみ削減部~大学対校!ゴミ拾い甲子園を開催しました~

ページ番号:194879

掲載日:2021年3月10日

ここから本文です。

埼玉県×若者 プラごみ削減部~大学対校!ゴミ拾い甲子園を開催しました~

 県民の皆さまに、プラスチックごみの問題を身近な問題として捉え、プラスチックごみの排出抑制及びプラスチックごみの回収に積極的に取り組んでいただくために「埼玉県秋のプラごみゼロウィーク」(令和2年9月12日~令和2年10月31日)を実施しました。

本取組の一つとして、大学生によるプラスチックごみ削減対策企画「大学対校!ゴミ拾い甲子園」(豪田ヨシオ部運営)を埼玉県内で初開催しました。

開催概要

日程

令和2年10月18日(日曜日)

場所

埼玉県戸田市荒川親水公園(荒川河川敷)

参加者

埼玉県所在大学を含む13大学45名の大学生

内容

プラスチックごみ問題を自分ごととして捉えてもらうため、有志大学生による運営チームの皆さんに、企画から運営まで行っていただきました。

ゴミ拾いイベント

5人程度の各チームに分かれ、分別をしながら、約1時間ゴミ拾いを実施しました。拾ったごみの種類や量に応じて得点制となっており、チームごとに競いながら楽しくゴミ拾いを行いました。

また、検温やアルコール消毒、マスクの着用など、新型コロナウイルス対策を実施した安心・安全なゴミ拾いとしています。

ゴミ拾い甲子園様子3  ゴミ拾い甲子園様子1  ゴミ拾い様子2

その結果、合計でごみ袋40袋及び粗大ごみ22個が回収されました。

その中には、

  • ペットボトル
  • 空き缶
  • プラスチック製容器
  • ビニール傘
  • タイヤ
  • 椅子                                                                             

などが多く見つかりました。回収されたものにはプラスチックごみが多く、こういったものは川から海へ流れていくと、海洋プラスチックごみになる可能性のあるものでした。

今回のゴミ拾いで回収されたペットボトルは、日本環境設計株式会社・豊島株式会社によるプロジェクト「BRING OCEAN」と連携し、スピンオフ企画として環境負荷を抑えた商品にリサイクルする予定です。

回収されたごみ袋  粗大ごみ

また、今回のイベントについて「NHKスペシャル」、「首都圏ネットワーク」、テレビ埼玉に取材をしていただき、学生の生の声を取り上げていただきました。

ゴミ拾い甲子園取材2

プラスチックごみ問題を学ぶクイズ企画

ゴミ拾い後の第2部企画として、プラスチックごみ問題や埼玉県について学ぶための「頭も体もフル回転!チーム対抗クイズリレー」を実施しました。

出題クイズ例

  • 海洋ごみは、漁具、ペットボトル、プラスチック、発泡スチロールなど様々だが、その7割は川から流れてくる。〇か×か。
  • 太平洋には、プラスチックごみが集まる「プラスチックスープ」と呼ばれる海域があるが、その面積は10万㎢である。〇か×か。
  • プラスチックは安価で利便性が高く、世界経済の発展によって、ますますその使用量が増えていくと予想されている。環境と経済を両立していくために、無駄を富に変える「サーキュラーエコノミー」が経済のトレンドになりつつあるが、「サーキュラーエコノミー」を表す図は以下のうちのどれか。

クイズ素材

表彰式

ゴミ拾いの合計点やクイズ企画の得点、SNSでの発信数などに応じて、各表彰を行いました。

各賞には、協賛企業からいただきました商品や、荒川クリーンエイド・フォーラム提供商品、埼玉県産品などが用意され、受賞チームの代表者に授与されました。

さらに、総合優勝チームにはこれまでの優勝チームから引き継がれてきた「金のトングトロフィー」が贈呈されました。

ゴミ拾い甲子園表彰1

ゴミ拾い甲子園表彰2  ゴミ拾い甲子園表彰3

参加大学生の声

今回のイベントに参加した大学生からは、イベント内容やゴミ拾い、プラスチックごみについてのリアルな感想を聞くことができました。

  • 自身の行動が環境に良い影響を与えると実感できた。
  • 仲間で楽しくゴミ拾いができた。
  • 環境への影響とゴミ拾いの大切さを再確認できた。
  • 最後にゴミの山を見た時に、達成感を感じたと同時に、1時間の間、河川敷の1部でゴミを拾っただけなのにこれほどのゴミが落ちているのかと驚いた。また、ゴミが落ちている場所は人目につかない所が多く、誰かによって故意に捨てられたゴミが本当に多いことを実感した。
  • 社会貢献を行い、大切な自然の保護活動を行うことが出来てとても嬉しく思う。

また、マイバッグ・マイボトルを持ち歩くなど自分事としてライフスタイルを見直したいかどうか尋ねると、89.7%がYesと回答しました。

さらに、プラスチックごみ問題を話題に、誰かと共有したいかという問いについては、92.3%がYesと答え、そのうちの64%が友人と話してみたいと回答しました。

ゴミ拾い甲子園集合

協力・協賛

主催

  • 埼玉県環境部資源循環推進課
  • 豪田ヨシオ部(株式会社クリエイティブPR)

協力

NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム

協賛

物品協賛をいただいたほか、一部企業社員様には当日のイベントにもご参加いただきました。

  • 株式会社ローソン
  • 株式会社武蔵野銀行
  • 生活協同組合パルシステム埼玉
  • 生活協同組合コープみらい
  • 豊島株式会社

後援

環境省関東地方環境事務所

 

お問い合わせ

環境部 資源循環推進課 資源循環工場・循環型社会推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4791

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?