Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 食品ロスの削減 > フードロス対策講座のレシピ公開について

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月29日

フードロス対策講座のレシピ公開について

 令和元年10月10日(木曜日)にそごう大宮店で女子栄養大学 生涯学習講師 倉持光江先生を講師にお招きして「フードロス対策講座」を開催しました。フードロス削減につながる調理方法や食材の保存方法を講師にお話しいただきながら、フードロス削減メニューを参加者に試食していただきました。

フードロス対策講座講師 フードロス対策講座当日の様子

 およそ150名にご参加いただき、ありがとうございました。好評につき、当日配布したレシピを公開します。ご活用ください。

 当日配布したレシピ(PDF:2,149KB)

フードロス削減メニュー

さんまの梅酒煮

さんまの梅酒煮

レシピのポイント

  • 旬の魚のまとめ買いを無駄なく使えます。
  • 買い置きしている食材、余ってしまった梅酒、だしをとった後の昆布を活用します。
  • まとめて調理して冷凍保存できます。
  • 時間のない時に面倒のない簡単料理。骨も気になりません!!冷凍保存もOK!!
  • お弁当のおかずにも、もう一品のおかずにも重宝します。 

材料(4人~6人分)

  • さんま 2~3尾(正味重量200~300g)
  • 昆布(2cm幅に切る) 10cm分 ※だしがらの昆布でも可。
  • 長ねぎ(3cmの長さに切る) 2分の1本(15cm位)
  • 水 300ml
  • 梅酒 200ml
  • しょうゆ 大さじ1と2分の1
  • 梅酒の梅 適宜

作り方

  1. さんまは頭、内臓、尾を取り除き、3cmの筒状にぶつ切りにする。
  2. 鍋に昆布を入れ、分量の水、材料と調味料を入れて火にかけ、蓋をし、焦がさないように弱火で30分煮含める。

応用

  • さんまの代わりに、いわし、ぶり、さわら、かじきなどを使ってもOK!
  • ごぼう、れんこん、きのこ類との相性が良いです。

 

五色ビビンバ

ビビンパ

レシピのポイント

  • 安くて美味しく栄養価の高い旬の野菜をまとめ買いして無駄なく使い切れます。
  • 新鮮なうちに冷凍保存した野菜を活用することで、美味しさも栄養もキープ!
  • あらかじめ下処理や下味をつけたり、切って冷凍した食材は、調理時間が短縮できます。野菜は切って皮ごと使えます。
  • 肉に下味をつけて冷凍すると、味が絡みやすく、やわらかく仕上がります。
  • 今回のビビンバは、冷凍の他、残り野菜のせん切りを乾燥させて活用してもOK!
  • 冷凍しておいた残り野菜を使えば、より簡単です。
  • 様々な野菜が入り、味や彩りも良く、食欲をそそります。

材料(4人~6人分)

  • 牛切り落とし肉(1cm幅に切る) 130g
  • A:砂糖 小さじ2、しょうゆ 小さじ1~2、コチュジャン 小さじ3分の2、ごま油 小さじ3分の2、にんにくすりおろし 少量
  • 冷凍小松菜(4~5cmの長さ) 80g
  • 冷凍にんじん(5cm長さのせん切り) 80g
  • 冷凍もやし(洗って水気を取る) 80g
  • 冷凍大根(5cm長さのせん切りに塩をまぶす) 80g
  • ごま油 小さじ2
  • 塩 少量
  • 白すりごま 大さじ1
  • 白飯 2合分
  • ちぎりのり 適宜
  • 好みでコチュジャン 適宜(コチュジャンがない時には四川豆板醤。砂糖を増やす。)

作り方

  1. 冷凍した牛肉を半解凍して、Aで下味をつける。
  2. フライパンにごま油小さじ1を熱して小松菜を炒め、塩少量を振りかけて混ぜ、皿に取り出す。
  3. 同じフライパンで1.の肉を炒め、肉の色が変わったら皿に取り出す。
  4. 同じフライパンでにんじん、水少量を入れて炒める。ボールに取り出して、塩、ごま油、すりごまをふり混ぜ、皿に取る。
  5. もやしと大根はそれぞれ固く絞り、塩、ごま油、すりごまをふり混ぜる。
  6. 4.のフライパンにごま油少量を熱し、ご飯を広げてのせ、動かしながら中火で軽く焼き色を付ける。
  7. ご飯の上に彩りよく具材を放射状に盛り付け、ちぎりのり、好みでコチュジャンを添える。

 本レシピの使用食材の保存方法

肉(薄く下味をつけて保存する場合)

 肉に酒としょうゆ(肉の約1%の塩分)をまぶし、使いやすい量(約100g)づつラップに包み、更に保存袋に入れて冷凍保存する。約3週間保存可能。

冷凍小松菜

 洗って4cmの長さに切って保存袋に入れ、口を閉じて冷凍する。3週間くらい保存可能。
 炒め物や汁物なら凍ったまま用いる。または、ざるにとって冷水で解凍し、固く絞る。味付けに塩、ごま油各少々をまぶすとよい。

 冷凍にんじん

 洗ってせん切りにし、使いやすい量づつ小分けにしてそれぞれラップで包み、更に保存袋に入れて冷凍保存。3~4週間保存可能。
 炒め物や汁物には凍ったまま。和え物には凍ったままさっと熱湯に通して用いる。

冷凍もやし

 洗って水気をよく取り、保存袋に入れて冷凍。2~3週間保存可能。
 炒める時には凍ったまま。そのまま水洗いして絞って用いても可。

冷凍大根

 せん切りにして塩もみをし、冷凍保存。約2週間保存可能。
 用いる時には、自然解凍し、ギュッと絞って用いる。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 資源循環推進課 資源循環工場・循環型社会推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4791

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?