ページ番号:174947

掲載日:2020年3月23日

ここから本文です。

行政処分(改善命令)後、改善された産業廃棄物処理業者(新明建設株式会社)

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)第15条の2の7の規定に基づき、新明建設株式会社に対して産業廃棄物処理施設の維持管理の技術上の基準に適合するよう改善を命じました。

1 行政処分の対象とした許可

 事業者

名称:新明建設株式会社

代表取締役:山田 博和

所在地:東京都板橋区大山町41番16号

  許可の内容

産業廃棄物処理施設(特産2-9)

2 処分年月日

平成28年12月12日

3 行政処分を行った理由

埼玉県入間郡三芳町大字上富字上永久保1803番4、1803番5に設置している産業廃棄物処理施設の排ガス中のダイオキシン類濃度が、平成28年10月20日に63ng-TEQ/㎥であることを確認した。このことは、法第15条の2の3第1項に規定する維持管理の技術上の基準に適合していないため。

4 改善の状況

平成29年2月21日 に焼却炉を廃止

お問い合わせ

環境部 産業廃棄物指導課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

ファックス:048-830-4774

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?