Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > 水環境 > 工場・事業場等の規制(水質関係) > カドミウムの排水基準等が改正されました

ここから本文です。

 

掲載日:2018年12月13日

カドミウムの排水基準等が改正されました

平成26年11月4日付けで排水基準を定める省令等が改正され、カドミウム及びその化合物の排水基準及び地下水の水質の浄化に係る措置命令に関する浄化基準が平成26年12月1日から強化されました。
なお、一部業種については暫定基準が、また既存施設については経過措置が設定されています。

 

改正の概要

改正省令の公布
水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令(平成26年環境省令第30号。以下「改正省令」といいます。)が平成26年11月4日に公布されました。

施行日
平成26年12月1日

改正内容

1  水質汚濁防止法施行規則の一部改正及び排水基準を定める省令の一部改正

(1)水質汚濁防止法施行規則の一部改正 

カドミウム及びその化合物の地下水の浄化措置命令に関する浄化基準

改正前

改正後

0.01mg/L

0.003mg/L

(2)排水基準を定める省令の一部改正

カドミウム及びその化合物の排水基準

改正前

改正後

0.1mg/L

0.03mg/L

 

2  暫定排水基準の設定

 改正後のカドミウム及びその化合物の排水基準に対応することが著しく困難と認められる一部の工場・事業場(1業種)については、以下の暫定排水基準が適用されます。

暫定排水基準

業種その他の区分

許容限度(mg/L)

適用期間

金属鉱業

0.08

平成31年11月30日まで

 

3  経過措置

改正省令施行の際現に特定施設を設置(設置の工事をしているものを含む。)している特定事業場については、改正省令施行の日から6月間(水質汚濁防止法施行令(昭和46年政令第188号)別表第3に掲げる施設を設置している特定事業場については1年間)は適用せず、従前の排水基準が適用されます。なお、カドミウム及びその化合物の新排水基準(一般排水基準及び暫定排水基準)は、改正省令施行日以後に新たに特定事業場となる事業場には直ちに適用されます。

 

お問い合わせ

環境部 水環境課 水環境担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎1階

ファックス:048-830-4773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?