Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > 化学物質 > 令和元年度化学物質対策セミナー

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月18日

令和元年度化学物質対策セミナー

化学物質の適正管理及びVOC排出削減の自主的取組に向けての事業者支援を目的として、化学物質対策セミナーを開催します。

セミナーへの参加を希望される方は、ページ下部にある申込用紙に必要事項を記入の上、ファックスで当課まで送信してください。

県内事業所の皆さまの御参加をお待ちしています。

今年度の化学物質対策セミナーは終了しました。多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。

1 日時

令和元年11月13日(水曜日)13時30分~16時15分(受付開始13時)

2 会場

さいたま商工会議所会館2階ホール(さいたま市浦和区高砂3-17-15)

3 定員

280名(先着順)

4 内容

(1)SDGsと化学物質管理

講師:一般社団法人 産業環境管理協会 化学物質総合管理部門 副部門長 山藤 憲明 氏

最近話題にのぼる機会が多くなった"SDGs"

面倒なものなのでしょうか。ビジネスチャンスにつながるものなのでしょうか。

SDGs(持続可能な開発目標)につながる歴史やSDGs国内実施計画を見ながら、SDGsとは何かを説明していただきます。

さらに、企業の化学物質管理とSDGsについて、その見方や考え方を考察し、メリットのある形で企業活動に取り込んでいく方法を解説していただきます。

また、「何でもあり」→「何にもならない」活動とならないよう、欧州での戦略や地球に住み続ける条件などについても触れていただきます。

(2)工業塗装が目指す持続可能な開発目標

講師:一般社団法人 国際工業塗装高度化推進会議 理事長 窪井 要 氏 

化学物質を用いて工業塗装を行っている現場作業者は、自ら地球に化学物質を排出していると同時に、そこに生きる多くの生物の一員でもあります。

多くの生物にとってかけがえのない地球環境をこれ以上悪化させないために、私たちが取り組む課題とその対応方法が明確になってきました。

そこで、国際社会共通の目標であるSDGsについて、現場の工業塗装技術の観点から考えます。長年培ってきた知識と経験に基づいて、実践している取組を紹介していただきます。

 

 5 申込用紙

令和元年度化学物質対策セミナー申込用紙(PDF:309KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 大気環境課 化学物質担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?