Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 消防 > 消防団 > 消防団員からのメッセージ > 女性消防団員インタビュー(狭山市消防団)H28.8

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月30日

女性消防団員インタビュー(狭山市消防団)H28.8

阪田 美幸(さかた みゆき)さん

 

 

 ・所属:狭山市消防団(団本部付)

 ・団員歴:入団1年目(0年10か月)

 ・本業:会社員(管工事業)

    写真 阪田さん

       

 本業の仕事は、どんなことをなさっていますか?

 災害時のライフラインである水道や下水などの敷設を行う会社に勤めています。私自身は、現場の調査や設計、各市役所やライフライン関連会社との打合せなどが主な業務です。

 

 

 

狭山市女性消防団員の紹介をお願いします

 昨年10月に発足し、平成28年8月現在で13名が活動をしています。メンバーを広報・企画・総務の3つの班に分け、各班のチーフを中心に活動を行っています。

女性消防団員の愛称「CHARMY(チャーミー)」は、狭山の特産でもある狭山茶からきています。チャーミーのロゴは、かわいいだけでなく、親しみと温かみを込めた形で市民との関わりを持てたらいいなという想いを込めて、団員皆で考えて決めました。

愛称ロゴ

 

 

 

 

 

 

 

入団のきっかけは?

家庭の忙しさから入団に戸惑いがありましたが、「まずは自分を守る、そして家族を守り、それができる人間が地域を守る、それが女性。忙しい人が協力して少しでも時間を作り、知恵を絞ってその時できる活動をする。そんな女性消防団員を発足させたい」という会社の社長でもある団長の言葉をもって入団を決意しました。

 阪田さん

 

 

 

 

 

 

 

 平成28年度狭山市総合防災訓練に活動参加された感想は?

平成28年8月27日に狭山市立笹井小学校で行われた狭山市総合防災訓練に参加させていただきました。この日は朝から豪雨のため、学校の体育館で雨天対応の訓練が行われました。

男性団員と共同で応急救護の指導対応に当たるほか、物資配給訓練で炊き出しで調理されたアルファ米とカレーを参加者へ配給しました。

その中で、私は総務チーフとして女性団員の活動管理に当たったほか、訓練中に三角巾でお子様と触れ合って遊ぶなど参加者が楽しく訓練参加できるよう、女性ならではの視点を大事にして活動を行いました。

総務チーフとしての活動                                            応急救護指導

 

 

団員活動を女性が行うことのメリットは?

災害時、女性消防団員が「女性の目線」で避難者のケアなどの活動を行えるメリットがあるのではないか、と考えています。

団員整列

 

 

 

 

 

 

 

消防団員としての今後の目標はありますか?

自主防災の意識を市民に浸透させる活動を行っていきたいと考えています。

また、小さいお子さんだけでなく、実際家で火器を使いはじめる小学校高学年に対し、火の恐ろしさを伝える活動を行ってみたいです。

  

 

今後入団してくる女性消防団員さんへメッセージ

消防団員は、体力や筋力がなければいけないイメージがありますが、それは男性団員に対するイメージであり、女性には当てはまらないと思います。やりたい気持ちがあれば必ずできる仕事(活動)を見つけられるはずです。

とにかく「市民が好き、狭山が好き」という気持ちがある方は是非入団してください。

女性消防団員の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

危機管理防災部 消防防災課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8150

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?