Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 消防 > 消防団 > 消防団員からのメッセージ > 女性消防団員インタビュー(熊谷市消防団)H28.7

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月30日

女性消防団員インタビュー(熊谷市消防団)H28.7

落合  亜由子(おちあい あゆこ)さん

  • 所属:熊谷市消防団(団本部女性小隊)
  • 団員歴:入団9年目
  • 本業:パート業
  • 趣味:旅行、コンサートや舞台鑑賞

 

 

 

 

 

 

入団のきっかけは?

地元の分団長が知り合いで「女性消防団員を募集しているけど入らないかい?」と誘われたのがきっかけです。当時私も地域に貢献することに意欲があったこともあり、やってみようかなという気持ちで入団しました。

 熊谷市消防団 取材2

 

 

 

 

 

 

 

 熊谷市消防団の団本部女性小隊を紹介してください。

熊谷市消防団の団本部女性小隊(愛称「チームさくら」)として組織され、年齢は18歳から50歳代までの構成で、現在17名が在籍しています。

消防団の組織に入り、そこで仲間に受け入れられ、女性団員同士で個人的な付き合いも行うなど皆仲良しです。

雰囲気は、学生の部活動みたいで、本当に和気あいあいとしていて、非常にいい環境で活動ができています。

 

 

 

 

 

  

 

現在行っている消防団活動を教えてください。

主な活動は、救命講習指導です。多い時には月に10回程度女性小隊に依頼が来ることもあります。毎月開かれる定例会でスケジュールを組み、1人1回ずつくらいは参加できるように調整します。救命講習の内容は、倒れている人を発見したという想定から必要な対応として、心肺蘇生法及びAEDの取扱い、止血法、回復体位及び異物が喉に詰まった時の対処行動などを市民にレクチャーしています。

 

 

救命講習の指導以外では、どんな活動がありますか?

救命講習会や定例会以外での活動としては、所属の団員研修、消防団特別点検、消防フェア、非常招集訓練、文化財防火デーなどに参加します。これらの行事イベントは、秋口から冬の時期にかけて集中するため、特に忙しくなります。

 熊谷市女性消防団2

 

 

 

 

 

 

 全国女性消防操法大会に出場した時のことについて、話を聞かせてください。

「消防操法大会」では、火災発生を想定し、いかに早く、火に見立てた的(火点)を落とすか(消火させるか)その所要タイムと、それをいかに正確に、決められた手技をこなすかという審査を同時に受けて、その点数を競います。女性消防団員を対象とした全国大会に平成23年に出場しました。

大会出場に当たり、約1年かけて厳しい訓練を行いました。連携プレーの大切さと一発勝負の難しさを痛感しましたが、選手皆で汗と涙の青春を味わい団結力がさらに強まりました。

全国女性消防操法大会画像

 

 

 

 

 

 

 

今後入団してくる女性消防団員さんへメッセージ

すごくやる気を持って入団してくださる方々がほとんどですごく有難いのですが、新入団員さんは無理をし過ぎてしまうケースがあります。どうしても出られない時もあるし、誰もそのことをとがめることはないので、純粋に「仲間が欲しい」とか「消防団活動を楽しもう」というスタンスで、是非入団していただきたいです。

 熊谷市女性消防団3

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

危機管理防災部 消防防災課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8150

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?