Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 消防 > 消防団 > 【平成26年度】県内2つの消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞(H26.9)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月24日

【平成26年度】県内2つの消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞(H26.9)

県内2消防団が「平成26年度防災功労者内閣総理大臣表彰」の受賞者に決定しました

平成25年の竜巻災害で活動した「越谷市消防団」、「熊谷市消防団」の受賞が決定しました。

総理大臣官邸で表彰式が行われました

平成26年9月10日(水曜日)、総理大臣官邸において、「平成26年度防災功労者内閣総理大臣表彰」の表彰式が行われました。

安倍内閣総理大臣の臨席の下、本県からは越谷市消防団と熊谷市消防団が表彰されました。

記念撮影

安倍内閣総理大臣とともに記念撮影

越谷市消防団長、熊谷市消防団長

平林越谷市消防団長(左)、關根熊谷市消防団長(右)
坂本消防庁長官(中央)

越谷市消防団

平成25年9月2日、越谷市域北部に発生した竜巻災害に際し、倒壊した建物での要救助者の確認などを行ました。また、竜巻による飛散物や瓦礫の撤去、地域巡回を行いました。

平林照雅団長のコメント

「例のない竜巻災害に際し、団員が一致協力した活動に対し、栄誉ある表彰を受賞し感無量です。この受賞を励みとして、今後も市民の生命と財産を守る消防団として、さらに研鑽を重ね、市民の生命、身体、財産を守っていく所存です。」

熊谷市消防団

平成25年9月16日未明に市内で発生した竜巻被害とそれに続く台風18号の風水害被害に際し、情報収集、被災者救済・誘導、二次被害防止活動、河川警戒などを行いました。

關根誠一団長のコメント

「仕事を抱えながら活動を続ける団員にとり、今回の受賞は大きな励みとなります。今後も様々な災害が予測されますが、消防団が地域防災の要として市民の皆さんからのニーズに素早く応えられるよう、しっかりとした態勢を維持していきたいと思います。」

防災功労者内閣総理大臣表彰とは

防災週間行事の一環として、日頃から防災思想の普及又は防災体制の整備に尽力し、あるいは、災害時における防災活動の顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰するもの

埼玉県では平成17年に鶴舞自治会・鶴舞自主防災委員会(坂戸市)が受賞している。消防団では初の受賞である。

お問い合わせ

危機管理防災部 消防防災課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8150

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?