トップページ > 新型コロナウイルス感染症総合サイト > やさしく解説!大野知事の新型コロナ対策 > やさしく解説!大野知事の新型コロナ対策「コロナ差別防止について」(3月2日)(テキスト版)

ページ番号:194130

掲載日:2021年3月2日

ここから本文です。

やさしく解説!大野知事の新型コロナ対策「コロナ差別防止について」(3月2日)(テキスト版)


司会

  今回は、コロナ差別の防止について知事に伺います。コロナ差別、という言葉を新聞などでも目にすることがありますが、どのようなことをコロナ差別というのでしょうか。また、具体的にはどのような事例があるのでしょうか。

知事

   はい。コロナ差別とは、新型コロナウイルス感染症に関する誤解や偏見に基づく差別のことを言います。 例えばですけれども、「親の職場で感染者が出た」というこの理由だけで、子供の保育園等に利用を拒否されたり、あるいはお迎えを断られたりといったことがあります。あるいは「陽性者が発生した学校の学生さん、医療機関の従事者、その家族」というだけで、来店を拒否されるというケースがあるんですね。
   政府は、発症から10日間経過をし、回復していることをもって、回復って言ってますけれども、それなのに出社を拒否するのも、これも差別のひとつの例です。あるいは、例えばSNSなどで、ある施設で変異株のクラスターが発生しているという噂が最近SNSに流れてますけれども、これも根拠のない虚偽であり、まさに差別です。根拠のない噂が、SNS等で事実のように拡散するのも、これもまさに差別ということに繋がります。

司会

   様々な差別的な事例があることが分かりました。偏見を持たれてしまったり、差別をされてしまったりすることは、誰にとっても、とてもつらく悲しいことだと思います。もし、差別のことで困ったときには、どうすればよいのでしょうか。

知事

   はい。差別で困った時には、まず、埼玉県のホームページ、「偏見・差別の防止」をご覧いただきたいと思います。あるいは、「県民相談総合センター」にお電話をいただきたいと思います。 埼玉県では、広く県民の皆様から人権や差別に関するご相談をお受けする体制を整えており、例えば、「ドメスティックバイオレンス(DV)の相談窓口」、あるいは外国人のための「外国人コロナ相談ホットライン」などをご案内しています。あるいは、深刻な人権侵害があった場合には、「みんなの人権110番」にご連絡をいただきたいと思いますが、我々も一緒になって、どのように解決ができるか考えていきたいと思います。いずれにせよ、一人で悩むことなく、ぜひご相談をいただきたいと思います。

司会

   差別を受けた場合にどうすればいいのか、についてはわかりました。一方で、差別をしてしまった方の中には、コロナに対する不安や恐怖心のあまりそういった行動をしてしまった、という方もいらっしゃるように思います。差別をなくしコロナにみんなで立ち向かうためには私達は何を心掛けるべきでしょうか。

知事

   はい。実は差別が感染を拡大するという側面もあるんです。例えば、新型コロナウイルス感染症は誰でも感染する可能性があるんですけれども、差別や偏見が拡大をしていると、例えば、体調が悪くなっても、それを言い出しにくくなくなったり、あるいは受診を控えてしまう。こういったことがあり、病院に行くのをためらう、そこでまた感染が拡大する。
   あるいは、陽性になった時に判断をされても、保健所に対して、きちんと事実、あるいは情報、これを秘匿してしまう。そのことによって本来であれば、防げたはずの感染の経路がわからず、拡大をしてしまう。
   ぜひ、調査にこういったご協力をいただくと、我々は、感染経路をしっかりと特定する必要がありますので、保健所から公表されたくない個人情報はもちろん公表されません。差別を生まない社会が、命を救うことに逆に繋がるんだということをぜひ覚えていただいていただきたいと思います。
   そして世界保健機構、WHOは、パンデミックよりも恐ろしいのは、インフォデミック、つまり誤った情報の流通だというふうに言っています。SNSなどで、知らず知らずのうちに偏った、誤った情報の発信者、あるいはそこに加担してしまう可能性もあります。
   ぜひ正確な政府等の情報をご確認いただきたいと思います。コロナ差別で傷つく、そういった人をなくすためにも、皆さんにはぜひ、正しい情報と思いやりの気持ちを持って、この感染症に接していただきたいと思います。

  

  

お問い合わせ

県民生活部 広報課 企画調整・ウェブ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?