ページ番号:212289

掲載日:2022年2月28日

ここから本文です。

3.11を学びに変える
県防災学習センター

そな〜え

全国どこでも災害は起こり「被災地」になり得る時代。当たり前だった日々の生活が失われたときのことを想像し、生き抜くために。過去の災害を県防災学習センターで学び、「防災力」を身に付けませんか。

県防災学習センターそな~え とは

地震や暴風などの疑似体験を通して災害の威力を体感できる施設。
自主防災組織やご家族・個人でご利用できます。

所在地鴻巣市袋30番地

交通北鴻巣駅下車徒歩20分

開館時間午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)

休館日毎週月曜日

入館料無料

感染症対策を徹底し、開館しています

▲防災キャラクター「十品目ロボ」

リアルを知る1F

黒を基調にした広く静かな空間。そこには災害跡地で見つかった物品や体験施設などがあります。

●災害の実情が分かる資料を展示

ふたが破壊され泥だらけの炊飯器、押しつぶされたトースター。いつもの朝を告げるはずだったモノたちが「災害とは何か」を伝えます。

●地震体験コーナー

モニターに映されるリビングの映像を見ながら、震度7の地震を体験できます。「全く身動きが取れない」というリアルを学べます。
★年齢制限なし

「体験」で防災力を身に付ける

消火体験/埼玉災害コーナー/
防災診断クイズ/映像コーナー など

情報を得る2F

1階とは印象を変えたカラフルな展示室。壁の全面には災害前、被災中、復興後の埼玉のまちの様子が描かれています。

●埼玉防災絵巻

災害発生前から復興までが描かれている「防災絵巻」を展示。日ごろの備えや災害発生時の正しい避難、防災・減災の情報をイラストを見て、学ぶ事ができます。

「知識」で防災力を身に付ける

絵巻関連展示など

学びを深める3F

●研修室

自治会の自主防災組織や団体の消防研修などで利用できます。研修室をご利用の際は申請が必要です。詳しくは団体予約ページホームページをご確認ください。

「そな〜え」チャンネル

県防災学習センターそな〜えの公式YouTube。災害時に役立つ情報をお伝えしています。

QRコード

▲動画はこちら(別ウィンドウで開きます)

 

大切なものを守るために

取り付けよう!感震ブレーカー

地震による火災の半数は「電気」が原因。揺れを感知し、電気を自動的に遮断する「感震ブレーカー」の設置が効果的です。設置には電気工事が必要なものもあります。なお、電気を使用する医療器具などがある場合には注意が必要です。

ホームセンターや家電量販店などで購入可能。電気工事不要

スマホにダウンロード!!

県災害対策アプリ
まいたま 防災

県内の災害情報や防災に関する情報をプッシュで通知します。

QRコード

▲ダウンロードはこちら(別ウィンドウで開きます)

 

命をつなぐ!AED

突然倒れて意識のない人がいたら、AEDの使用を含めた救命処置をお願いします。初めて使う場合でも「音声ガイド」と「自動解析」が救助するあなたをサポートします。
AEDは駅や施設など県内に14,114台設置。※令和3年3月末現在

【問合せ】県薬務課
電話:048-830-3640
ファックス:048-830-4806

イベント開催

オンライン講演会「3.11を学びにかえる」(Zoom開催)

講師佐藤 敏郎さん (「大川伝承の会」共同代表)

日時3月20日(日曜日)午後1時から2時30分

東日本大震災で多くの犠牲者が出た宮城県石巻市立大川小学校。犠牲となった児童の父・佐藤敏郎さんは、震災経験を未来の防災に生かすため、各地で講演会を開催。講演会では3.11をどのような学びに変えていくか、皆さんと一緒に考えます。

申込3月12日(土曜日)までにホームページから

東日本大震災で消えた多くの街、命…。私の娘も犠牲になりました。絶対無駄にしたくありません。「無駄にしないって、どういうことだろう」あの日からずっと考えています。体験を通して気付いたことをお話ししますが、それは本来失う前に気付くべきことでもあります。ですから、自分のこととして受け止め、その先の明るい未来まで一緒に考えていただけたらと思います。

【問合せ】同センター
電話:048-549-2313
ファックス:048-549-2316

PRESENT

同センターオリジナル防災キャラクター「十品目ロボ」のキーホルダーを10人にプレゼント。詳細は「クイズ&プレゼント」をご覧ください。

県防災学習センターについては
【問合せ】同センター
電話:048-549-2313
ファックス:048-549-2316
県防災学習センターのホームページ(別ウィンドウで開きます)

その他については
【問合せ】県危機管理課
電話:048-830-8148
ファックス:048-830-8129

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?