ページ番号:210835

掲載日:2022年1月31日

ここから本文です。

その症状、
「高次脳機能障害」かもしれません

事故や病気などで脳に損傷を受けた後、記憶力や注意力の低下などの症状が表れ、日常生活や社会生活に支障が出てきてしまう障害を「高次脳機能障害」といいます。外見からは分かりにくいため、「見えない障害」とも言われています。

障害が起こる主な原因

脳外傷
交通事故、転倒などによる頭部外傷

脳血管疾患
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血

その他
脳炎、低酸素脳症、脳腫瘍 など

事故や病気の後、こんな症状はありませんか?

  • 新しい出来事を覚えられない
  • 集中できない、気が散りやすい
  • 自分で計画を立てて物事を実行したり、効率よく順序立てたりできない
  • ささいなことでイライラしてしまい、興奮しやすい

埼玉県高次脳機能障害者支援センター

高次脳機能障害により、日常生活や社会生活への適応に困難を生じている方々に対し、関係機関と連携を取りながら、さまざまな支援を行っています。

主な支援内容

  • 医療(診断・訓練)に関すること
  • 福祉サービスや制度利用に関すること
  • 復職や就労、復学に関すること など

QRコード

▲詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)

 

相談窓口(無料)

埼玉県高次脳機能障害者支援センター(上尾市(県総合リハビリテーションセンター内))

電話:048-781-2236

医療法人真正会 霞ヶ関南病院(川越市)

電話:049-232-1313(代表)

医療法人光仁会 春日部厚生病院

電話:080-8181-4148

★受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日・年末年始を除く)

【問合せ】県障害者福祉推進課
電話:048-830-3295
ファックス:048-830-4789

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?