ページ番号:202145

掲載日:2021年7月31日

ここから本文です。

感染拡大に備えた医療提供体制

感染者の大幅増(今冬の最大感染者数の2倍程度)を想定した緊急的な患者対応方針・体制を整備しています。

病床の確保

感染者数に応じて入院できるベッド数を段階的に4つのフェーズに分けて用意する他、感染者急増時に備え、最大で1,688床を確保しています。

宿泊療養施設の確保

宿泊療養施設とは、医療体制を維持するため、軽症の方や感染していても無症状の方に入所していただくホテルなどの施設です。医師や看護師が滞在し、健康観察などを行う体制を整えており、感染急増時を想定し、2,523室を確保します。

宿泊・自宅療養者への医療提供体制

リスクに応じた健康観察の体制を整備。健康観察の結果、必要に応じて診察・検査医療機関等が電話診療等を行い、療養期間中の安全性を高めています。

診療・検査医療機関等かかりつけ医

  • 軽症またはリスク要因のある患者に対する1日2回の健康観察
  • 必要に応じた電話診療や薬の処方 など

埼玉県宿泊・自宅療養者支援センター

  • 無症状かつリスク要因のない自宅療養者等に対する1日2回の健康観察
  • 体調不良者などの相談受付(24時間対応)
  • 症状が悪化した患者を診療・検査医療機関等に取り次ぎ

QRコード

▲詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)

 

【問合せ】県感染症対策課
電話:048-830-7500
ファックス:048-830-4808

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?