ページ番号:202139

掲載日:2021年7月31日

ここから本文です。

知事コラム「安心・安全な東京2020オリンピック・パラリンピックの開催」

オリンピックが7月23日に開幕しました。埼玉県では4つの会場を舞台に、バスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃の熱戦が繰り広げられています。8月24日にはパラリンピックが始まり、県内では陸上自衛隊朝霞訓練場で射撃が行われます。

世界中のアスリートたちは、オリンピック・パラリンピックを目指し長い歳月をかけて準備を重ねてきました。

東京2020大会には、埼玉県にゆかりのある選手がオリンピックには85人、パラリンピックには38人出場します(7月16日(金曜日)現在)。また「彩の国2020ドリームアスリート」や「埼玉パラドリームアスリート」など、本大会に向けて県が支援をしてきた選手も出場します。

史上初の延期となったオリンピック・パラリンピック。コロナ禍(か)での困難なコンディションづくりを継続しながら、出口の見えない不安の中を耐え努力を重ねてきた選手たちの日々は、感染症という見えない敵と闘っている私たちの日々そのものかもしれません。

大会に臨む選手たちに、皆さんの熱い声援を大きな声ではなく、大きな拍手や心の声にして送りましょう。

また、8月19日には、オリンピックの熱気を引き継ぐ形でパラリンピック聖火リレーが行われます。聖火ランナーや地域の皆さんの思いを大切に、大会本番へとつないでいきます。

もちろん、最優先されるべきは、選手はもとより、運営にあたるスタッフや県民の皆さんなど、大会に関わるすべての方々の安心・安全を確保し、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止していくことです。

東京都に次いで多くの競技会場があるホスト県として、県民の生命を第一に、気を引き締めて最善の感染症対策を講じ、選手をはじめすべての関係者がオリンピック・パラリンピックの精神を体現できるよう努めてまいります。

大会の開催に当たり、これまで多くの県民の皆さんや県内企業・団体の皆さんのご協力をいただいたことに感謝を申し上げます。「SAITAMA PRIDE」を合言葉にワンチームとなって、埼玉の未来につながるレガシーを一緒に創り上げていきましょう。

QRコード

▲知事の日常業務はこちらからご覧いただけます(別ウィンドウで開きます)

 

埼玉県知事 大野元裕

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?