ページ番号:197398

掲載日:2021年4月30日

ここから本文です。

知事コラム 安心してワクチン接種をしていただくために

埼玉県知事 大野元裕 写真

新型コロナとの戦いもすでに1年以上が経過しました。改めて県民の皆様の、命を守るための取り組みへのご協力に心から感謝します。

現在も、まん延防止等重点措置等に基づく協力要請を行っている中、引き続き、感染防止対策を徹底する必要があります。御家族や、愛する方を守るための取り組みにご協力をお願いします。

県民の皆様に「お願いする」前に、県では独自の取り組みとして、クラスター対策や高齢者施設予防対策などの「攻める!」、増加するDV対応などの「守る!」、国や市町村と「連携する」方針を打ち立て、対策を講じています。

国によるワクチンの確保と「連携」して、しっかりと市町村による接種の支援や副反応への対応などを進めてまいります。

ワクチンは、感染拡大を収束に導くゲームチェンジャーとして県民の皆様の期待が寄せられています。

高齢者の接種は4月から市町村で開始し、5月から本格化します。一般県民向け接種は夏頃から始まる予定です。

副反応に対しては、不安を感じる方もおられると思います。ワクチン接種後には倦怠感、頭痛、局所の痛みなどの症状が報告されていますが、多くの専門家・機関は、今回のワクチン接種のメリットの方がデメリットよりも大きいとしています。

接種後に重篤な症状がみられる場合はごくまれとされており、多くは1日か2日で改善するので、慌てずに様子をみてください。万が一の時には接種会場の医師が応急措置を行う体制をとっています。

また、24時間対応の専門相談窓口に連絡をいただければ、看護師などが相談に応じます。

症状が長く続く場合にも、かかりつけ医が相談できる専門医療機関を準備しています。

また、県民の皆様にワクチンについて知っていただくための動画を県HPの「サイタマどうが」に掲載しているのでぜひ参考にしてください。

予防接種は最終的に個人の判断ですが、ワクチンは大勢の方が打ってこそ効果を発揮します。ワクチン接種で迷っている方がおられましたら、ぜひ接種を受けるようお声掛けください。

QRコード

新型コロナワクチンの詳細な情報はこちら(別ウィンドウで開きます)

 

埼玉県知事 大野元裕

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?