ページ番号:179127

掲載日:2020年6月30日

ここから本文です。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺に注意しましょう

全国各地で、新型コロナウイルス感染症に便乗したさまざまな詐欺事件が報告されています。
詐欺事件は他人事ではなく、身近で起こりうる犯罪です。被害に遭わないためにも、家族みんなで対策をしましょう。

国や自治体が次の事を依頼することは絶対にありません

● 現金自動預払機(ATM)の操作を求めること
● 手数料の振り込みを求めること
● メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること
● キャッシュカードを預かること

不審な電話を取らないことが、被害防止につながります。
次のような電話機対策をして、犯人と話さないようにしましょう。

対策1

在宅時でも常に留守番電話設定
 ポイントは、直ぐに電話を取らず、相手の声を確認してから受話器を取ること。犯人は自分の声が録音されることを嫌がり、何も話さずに電話を切ります。


対策2

電話番号通知サービスを活用
 かけてきた相手の電話番号が表示されるので、誰からの電話なのかを事前に確認することができます。



対策3

各種対策機器の設置
 防犯機能が付いている電話機や現在使用中の電話機に取り付けるタイプなど、さまざまな機器が販売されています。

怪しい電話がかかってきたら、まずは落ち着いて、警察への連絡と身近な方への相談をお願いします。



【問合せ】県防犯-交通安全課
 電話:048-830-2940
 ファックス:048-830-4757
 県防犯・交通安全課のホームページ

【問合せ】県警察本部生活安全総務課
 電話:048-832-0110(代表)

お問い合わせ

県民生活部 広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?