ページ番号:25565

掲載日:2019年3月14日

ここから本文です。

消費者被害防止サポーター

県では、高齢者等の消費者被害の未然防止・早期発見を図るため、地域で見守り活動や啓発活動を行うボランティアである「埼玉県消費者被害防止サポーター」を養成し、その活動を支援しています。

【平成28年度からは、埼玉消費者被害をなくす会に委託しています。埼玉消費者被害をなくす会のホームページはこちら→http://saitama-higainakusukai.or.jp/supporter/index.html

消費者被害防止サポーター制度とは

高齢者などを狙った悪質商法の増加に対応するため、サポーターが市町村や自治会、地域包括支援センターなどと連携した活動を行うことにより、地域の消費者力を高め、消費者被害の未然防止や消費者被害の早期発見と消費生活相談窓口への誘導などを図るための制度です。

消費者被害防止サポーター制度のイメージ図

supporter 

どのような活動を行いますか

  • 消費者被害の未然防止及び消費生活相談窓口周知のための啓発活動
  • 居住する市町村等が実施する消費生活に関する事業への協力
  • 地域における消費者被害の未然防止・早期発見のための見守り活動
  • 消費者トラブルの消費生活相談窓口への誘導
  • 消費生活に関する研修会、講習会等への参加
  • その他サポーターとして必要な活動

どのような人が活動していますか

県内にお住まいのかたであれば、県で実施する「消費者被害防止サポーター養成講座」を受講していただくことで、誰でもサポーターになり活動することができます。 

消費者被害防止サポーター養成講座

悪質商法や消費者トラブルなどについて学んでいただく講座です。

1日受講していただければサポーターになることができます。

なお、サポーターになった方には、登録証をお渡しします。

サポーターになると・・・

フォローアップ研修やサポーターの交流会に参加することができます。そこでは、サポーターの活動に役立つよう、最新の消費生活に関する情報を学んでいただきます。

また、サポーターの皆さまの活動の様子を紹介し、最新の消費者トラブルについての情報を発信するサポーターニュースが送られてきます。

埼玉県消費者被害防止サポーター設置要領

・サポーター設置要領(PDF:147KB)

(各種様式)

 様式第1号 登録申出書(PDF:127KB)

 様式第2号 登録者名簿(PDF:172KB)

 様式第3号 登録証(PDF:106KB)

 様式第4号 変更届(ワード:33KB)

 様式第5号 辞退届(ワード:28KB)

 


 

 

お問い合わせ

県民生活部 消費生活課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?