ページ番号:138725

掲載日:2022年1月17日

ここから本文です。

学生・生徒と連携した不当表示広告調査

調査の概要 

1 目的

埼玉県内において、不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号。以下「景品表示法」という。)に違反する表示・広告等に対する監視を強化するため、大学、高校と連携して精度の高い効果的な調査を実施し、違反事業者に対する是正指導を行う。

また、調査を通じて次代を担う大学生、高校生が不当表示等に関する正しい知識を得ることにより、消費者被害の未然防止を図る。

2 調査内容

 雑誌、インターネット及び新聞折込チラシ等の媒体における商品・サービス広告のうち不当と思われる表示について、学生・生徒の視点から広く情報を収集し、違反広告の実態を明らかにする。

3 調査協力高校・大学(50音順)

今年度の調査は、県内高等学校6校及び県内1大学の協力を得て実施した。 

(1)高等学校(6校)

 さいたま市立浦和高等学校

 県立大宮南高等学校

 県立川越西高等学校

 県立所沢西高等学校

 県立蓮田松韻高等学校

 県立ふじみ野高等学校

 (2)県内大学(1大学)

 女子栄養大学

4 調査対象

 特定の商品類は指定しない。

5 調査媒体

(1)雑誌(週刊誌、ファッション誌、情報紙等)の掲載広告

(2)新聞紙上の掲載広告

(3)新聞折り込みチラシ(調査学生・生徒の自宅のチラシ) 

(4)フリーペーパーやミニコミ誌の掲載広告

(5)インターネットの広告(メールマガジン等の広告を含む)

(6)スマートフォンの広告(メールマガジン、情報発信アプリ等の広告を含む)

(7)店頭の広告

 6 調査実施期間

 平成29年5月から平成30年1月

 7 実施

 説明会や調査等については次のとおり実施した。

 (1)高校  

実施日

項目

内容

4月28日川越西高校

6月27日蓮田松韻高校

7月10日所沢西高校

7月13日大宮南高校

7月19日市立浦和高校

7月26日ふじみ野高校

調査趣旨説明

 

学校への調査の趣旨説明

(場所)各高校

学校長への調査協力依頼

9月5日、6日、20日

所沢西高校

9月13日~15日

蓮田松韻高校

11月7日大宮南高校

11月24日、27日、28日

ふじみ野高校

 

生徒向けガイダンス

※所沢西高校、蓮田松韻高校、ふじみ野高校は授業で実施。

大宮南高校は、部活動で実施。

川越西高校、市立浦和高校は、先生によるガイダンスで実施。

不当表示とは何か、調査方法等を説明、意見交換

(場所)各高校

 

※調査ガイダンスとは別に、川越西高校では、6月29日に総合学習の時間で1年生に対し、不当広告に関する講習会を実施。

7月~1月

調査実施

不当表示と思われる広告の調査・収集

調査書作成

10月~1月

 

調査書提出

学校報告書提出

 

 (2)大学(女子栄養大学)  

実施日

項目

内容

10月5日

事前打合せ

今年度の調査方法についての説明

講義やガイダンスの内容について

打ち合わせ

11月10日


 

学生ガイダンス

 

 

景品表示法の趣旨、不当表示とは何か、調査方法等を説明

その他疑問点等を意見交換

(場所)大学キャンパス

11月~12月

調査実施

不当表示と思われる広告の調査・収集

調査書作成

12月

調査書提出

 

 調査結果

1 調査参加人数と報告件数等

 高校生1,361名(6校)、大学生14名(1大学)の計1,375名から1,384件の調査報告書の提出を受けた。

(1)高校 

高校名

報告書提出者数

報告件数

市立浦和高校

302

302

大宮南高校

25

25

川越西高校

348

348

所沢西高校

325

325

蓮田松韻高校

217

219

ふじみ野高校

144

151

1,361

1,370

 (2)大学 

大学名

報告書提出者数

報告件数

女子栄養大学

14

14

14

14

 (3)合計

 

区分

報告書提出者数

報告件数

高校+大学

1,375

1,384

 

2 広告媒体別件数等

 報告があった1,384件を掲載された媒体別に集計したところ、インターネット広告が527件と最も多く、次いでスマートフォンの広告が500件、新聞広告が126件、新聞の折込チラシが99件の順となっている。1,384件のうち不当表示のおそれがあると思われるものは計146件であった。

 

広告媒体

報告件数

不当表示のおそれがあると思われる件数

インターネット

527

61

スマートフォン

500

71

新聞

126

1

折込チラシ

99

9

雑誌

33

1

フリーペーパー

25

1

店頭

18

2

その他

56

0

1,384

146

 

H29gurafu1H29gurafu2

 3 商品・サービス別件数等

報告があった1,384件を商品・サービス別に集計したところ、ダイエット関係が最も多く4割以上を占めた。次いで美容関係、健康関係の順となっている。

不当表示と思われる146件の内訳は、ダイエット関係が最多であり、美容関係と健康関係が同数で2番目に多くなっている。こうした分野の疑わしい広告が若者の身近に非常に多くあることがわかる。   

商品・サービス分類

報告件数

不当表示のおそれがあると思われる件数

ダイエット関係

 596

 85

美容関係

 218

 22

健康関係

 157

 22

開運関係

 45

 3

家電製品関係

 42

 1

一般食品関係※

 28

 2

ゲーム関係

 25

 5

伸長関係

  22

 0

学力関係

 18

 0

豊胸関係

 11

 1

その他

             222

 5

1、384

146

      ※ダイエット、美容、健康関係の食品を除く


 H29gurafu3H29gurafu4

 

4 事業者の状況

報告があった1,384件を事業者別に集計したところ、同一の商品の報告等の要因により、573事業者となった。573事業者のうち、不当表示のおそれがあると思われるものは計68事業者であった。 

5 違反被疑表示事例と指摘事項

報告のあった表示事例のうち、主な違反のおそれのある事例と学生・生徒の指摘事項については、次のとおりである。 

商品分類

表示事例

指摘事項

ダイエット

「モニター全員が10kg以上の減量に成功!」

モニターって何人なのか分らない。

10kgの数字は本当なのか怪しい。

美容

「目もとのシワ、ほうれい線が塗った瞬間になくなります」

塗った瞬間っていうのは大げさすぎないか。

健康

「アイドルの○○○さんやモデルの◇◇◇さんも飲んでいます」

本当に有名人が飲んでいるのか疑わしい。

開運

「財運パワーUPしました」

「湧き出す財運力を実感」

その財布を持つだけで財運が上がる体験談はおかしい。

ゲーム

「すべてのアイテムが必ずゲットできる」

すべてのアイテムがゲットできるなんて信じられない。

その他

「今なら9,800円がなんと980円の90%OFF」

こんなに安くなるなんて、元の価格ってなんなのか分らない。

  

参考資料

実際にガイダンスや授業で使用した「調査票」と資料です。
資料は、広告を見る上での注意点を1枚にまとめたものです。HPを御覧の方が本調査結果とあわせて御活用いただければ幸いです。

調査票(PDF:67KB)

資料(PDF:401KB)

お問い合わせ

県民生活部 消費生活課 事業者指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?