Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年3月10日

生命科学体験教室~いのちを体験しよう~ (埼玉県立大学)

教室の概要

  1. 日時 (1)令和元年7月22日(月曜日)、29日(月曜日) (2)令和元年7月30日(火曜日) (3)令和元年8月20日(火曜日)、24日(土曜日)
  2. 会場 埼玉県立大学
  3. 概要 (1)生命科学体験教室~いのちを体験しよう~ 「血液1滴であれもこれも調べよう!」「ごはんの友、シラスを極める!」

(2)夏休み 子ども民俗学 ~むかしの人が考えた世界のすがた~

(3)夏休み こども講座 ~食品添加物の検査をしてみよう!~

教室の様子

(1)生命科学体験教室~いのちを体験しよう~

 毎年、定員を超える多くの応募者が集まる、大人気の講座です。各講座とも、小学4~6年生 20名が体験しました。

 

【血液1滴であれもこれも調べよう!】

 血液1滴からたくさんのことを見て、聞いて、体験できる参加型講座となっています。

 造血の仕組みや血球の授業を受けた後、模擬採血体験、血液塗抹標本作製を行い、作製した塗抹標本を顕微鏡下で観察、スケッチ、写真撮影をしました。血液型や輸血の授業を受けた後、実際に血液型未知の検体について子どもたち自身で血液型判定を体験しました。

 

【ごはんの友、シラスを極める!】

 シラスを使った発生学、解剖学の授業を受けた後、実体顕微鏡による骨格標本観察を行いました。さらにシラスの顕微鏡標本(薄切標本)を作製し、薄切―染色ー封入ー鏡検という一連の病理検査技術を体験しました。標本観察ではスケッチや写真撮影をしました。

県立大学(1) 県立大学(2)

(参加者の感想)

 「いろいろな血球があることにびっくりした。」

 「さい血するのが難しかった。顕微鏡でこうさん球が見つかったので嬉しかったです。自由研究に使います。」

 「臓器の数にびっくりした。」

 「生き物を染めるやり方にいろいろな薬を使ったりして楽しかった。」

  

(2)夏休み 子ども民俗学 ~むかしの人が考えた世界のすがた~

 小学3~6年生 15名が「熊野観心十界図」をもとに、日本の伝統的な世界観について学びました。

 天、人、修羅、餓鬼、畜生、地獄の六道が苦しみの輪廻の世界と捉えられたこと、声聞、縁覚、菩薩、仏の四聖は悟りの境地を目指す解脱後の世界であること、地獄は多種多様で具体的な様子が想像されたことなどを、子ども向けにわかりやすく解説していました。

 また、夏のお盆行事「盂蘭盆会」の起源とされる目連尊者の物語についても説明を受けました。

県立大学(3) 県立大学(4)

  (参加者の感想)

 「今日の「むかしの人が考えた世界のすがた」で初めて知れたことがたくさんあって、興味をたくさんもてたので、自分もいろいろ調べて、もっとたくさんのことを知りたいとおもいました。」

 「熊野十界図は人々の心が題材でできていることが一番心に残っています。天国、人、地獄しか知らなかったけど、それ以外にあったのでびっくりしました。」 

 

(3)夏休み こども講座 ~食品添加物の検査をしてみよう!~

 小学4~6年生 延べ45名が、食品添加物について学びました。

 普段何気なく食べている加工食品に食品添加物が含まれていることや、その添加物の用途及び安全性について授業を受けました。その後、実際の食品(ハムやソーセージ)を使って発色剤が入っているかどうかの実験を行いました。実験では、グループにわかれ各グループごとに学生が加わりアドバイスを受けながら安全に取り組みました。

県立大学(5) 県立大学(6)

(参加者の感想) 

 「ハムやウインナーに発色剤が入っていることが分かった。」

 「食品添加物は体に害がないこと、安全であることが分かった。」

 「もっとたくさんの食品についても調べてみたい。」

 「食品添加物の使われる理由や加工食品メリットと種類がわかった。」

関連情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?