Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年3月10日

プロ選手から学ぶ!競輪と自転車競技!(埼玉県、(一社)日本競輪選手会埼玉支部、日本トーター株式会社)

教室の概要

  1. 日時 令和元年7月21日(日曜日)
  2. 会場 西武園競輪場
  3. 概要 プロの競輪選手と触れ合おう!

競技としての自転車を知ろう!

競技用自転車の構造を学ぼう!

バンクを実際に歩いてみよう!

選手の自転車の走りを観てみよう!

教室の様子

 このイベントでは、一般社団法人日本競輪選手会埼玉支部に所属する宿口陽一選手、武笠貴太選手、平原啓多選手、佐山俊樹選手、馬場和弘選手、和田禎嗣選手、高橋梨香選手、小玉勇一選手、荒木貴大選手、新井美菜選手が、競輪と自転車競技の魅力を伝えてくれました。

 

【プロの競輪選手と触れ合おう!】

 選手が実際に使用をしているトレーニング室では、筋力を維持するためのトレーニングや健康管理を通じて、アスリートとしての競輪選手の魅力を教えてもらいました。また、実際の選手が使っているエアロバイク(速度と回転数を測る器具)に乗って、トレーニングを体験させてもらいました。

競輪(1)

 

【競技としての自転車を知ろう!】

 実際のレース映像を選手の解説付きで観て、戦法や駆け引きなど、競輪の奥深さを教えてもらいました。難しい内容でしたが、参加者は選手の話に熱心の耳を傾け、メモを取る人もいました。

競輪(2)

 

【競技用自転車の構造を学ぼう!】

 選手が自転車の整備を行う検車場では、自転車の構造を教えてもらいました。選手が使っている自転車にはブレーキがついていないことを聞いて、参加者達はびっくりしていました。また、整備はすべて選手が自分たちで行っているということで、選手がその場で素早くタイヤを外したり、部品の解体、組み立てをする姿を見せてくれました。

競輪(3)

 

【バンクを実際に歩いてみよう!】

 選手が実際に走っているバンクを歩いてみて、距離の長さや傾斜を体験しました。西武園競輪場のバンクは、1周400mで、傾斜が最もかかるところは29度以上もあります。参加者だけでなく、保護者も一緒に実際にバンク上部へと登って傾斜を体験しました。「こんなに傾斜があるところを自転車で走るなんて凄すぎる!」という感想が聞こえてきました。

競輪(4)

 

【選手の自転車の走りを観てみよう!】

 選手による模擬レースです。バンクの内側からレースを観て、実際のスピードを見学しました。プロのスピードを目の前で見て、参加者からは、「えぇ!!」「速い!」という驚きの声が聞こえてきました。

競輪(5) 競輪(6)

 

 最後は、選手達と一緒に記念撮影をして、選手達からオリジナルタオルをプレゼントしてもらいました。

 プロの厳しさとやりがいを体験し、参加者にとって忘れられない1日になったことと思います。

 

競輪(7) 競輪(8)

 参加者と保護者からは、

 「映像では分からなかったけど、傾斜が凄かった。競技用の自転車に乗りたくなりました。」

 「夢に向かって頑張っている選手はとてもかっこよく、僕も自分の将来についてしたい事をじっくり考えたいと思いました。」

 「選手の脚がすごかった。コースを歩けてレースを観られたのが楽しかった。エアロバイクで新井選手にフォームがいいと褒められて、50km/h出たのが嬉しかった。」

などの感想が寄せられました。

関連情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?