Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成30年度 夢のかけはし教室の実施レポート > 「ウェディングプランナーになりたい」実施レポート(令和元年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月9日

「ウェディングプランナーになりたい」実施レポート(令和元年度)

教室の概要

  1. 日時 令和元年8月27日(火曜日)
  2. 会場・講師 ベルヴィ武蔵野(アルファクラブ武蔵野株式会社)
  3. プログラム

ウェディングプランナーの仕事について

会場演出の体験

館内の見学

教室の様子  

プランナー① プランナー②

 本教室では約60名がウェディングプランナーについて学びました。講師は結婚式場であるベルヴィ武蔵野の皆さんです。始めに、仕事内容について教わりました。ウェディングプランナーは、カップルにとって最高の結婚式にするためにたくさんのアイデアを出す必要があります。また、そのアイデアを予算や人数を考慮しつつ企画にしていきます。企画力が大変重要になりますが、その知識を増やすために日頃の勉強も欠かせないと教わりました。 

  

プランナー③ プランナー④

 次に、会場でプロジェクションマッピングを体験しました。プロジェクションマッピングとは、会場全体を使った映像演出で、結婚式では新郎新婦の生い立ちなどをプロフィールムービーとして流すことが多いそうです。初めての体験に圧倒されながら、結婚式での演出やプランナーの役割について説明を聞きました。 

 

プランナー⑤ プランナー⑥

 会場の見学を行いました。インナーガーデンではフラワーシャワー等を行います。フラワーシャワーには、悪魔や災難から新郎新婦の身を守り、幸せを願うという意味があると教わりました。また、チャペルでは、バージンロードが新婦の人生を表していると教わりました。ドアが母親のお腹を表しており、父親と歩くたびに1歳ずつ歳を取ることを表していると知りました。 

 

プランナー⑦ プランナー⑧

 披露宴会場は新郎新婦がゲストのおもてなしをする場であるので、親族は一番遠い席に座ることも教わりました。ウェディングプランナーの仕事をしていて楽しいことを聞くと、「新郎新婦との話の中から情報を引き出すことで、色々な提案ができる。人と話すことが好きな人にはとても楽しい。」と教わりました。最後に、本日の様子をエンドロール映像としてプレゼントしてもらいました。  

参加者の感想

 参加者からは「結婚式場に来るのもウェディングプランナーの仕事や館内見学も初めてで、びっくりしたことが多かった」「館内や飾り物の意味などをたくさん教えてもらえてとてもためになった」「色々な体験ができて、将来ウェディングプランナーになりたいと思った」などの感想が寄せられました。

関連する情報(協力いただいた企業・団体等)

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?