Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成30年度 夢のかけはし教室の実施レポート > 「デパート店員になりたい」実施レポート(令和元年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月9日

「デパート店員になりたい」実施レポート(令和元年度)

教室の概要

  1. 日時 令和元年8月18日(日曜日)
  2. 会場・講師 丸広百貨店 川越店  
  3. プログラム

全体オリエンテーション(基本7大用語、レジ、ラッピング体験)

店内見学

売り場体験

教室の様子  

デパート店員(1) デパート店員(2)

 本教室では約20名がデパート店員の仕事について学びました。講師は丸広百貨店 川越店の皆さんです。始めに、お客様をお迎えする際の立ち姿勢や基本7大用語を教わりました。講師から「かかとをつける」「ひざの裏を伸ばす」など細かなアドバイスをもらい、デパート店員としての振舞いを身に付けました。また、基本7大用語を講師と一緒に練習しました。お辞儀の角度は「いらっしゃいませ」は45度、「かしこまりました」は30度と教わり、意識しながら取り組みました。

 

デパート店員(3) デパート店員(4)

 続いて、レジ体験をしました。実際に使われている機器を使った初めての体験に、緊張しながらも積極的に取り組みました。「1万円お預かりいたします」「お待たせいたしました」など、習ったばかりの基本7大用語も使いながらお客様応対について教わりました。現場では、クレジットカードでの支払いやポイントカード、駐車券の処理など覚えることが多いと知り驚きました。

  

デパート店員(5) デパート店員(6)

 ハンカチをギフト用にラッピングする体験を行いました。ハンカチを箱に入れる際、「箱を開けたときにきれいに見えるように入れよう」と講師からアドバイスがありました。受け取る人に喜んでもらえるようきれいに見えるラッピングを教わり、最後に丸広百貨店のリボンシールを貼って完成させました。売り場ではお客様をお待たせしないよう、1分以内でラッピングできるよう日頃から練習していると聞き、会場から驚きの声があがりました。

 

デパート店員(7) デパート店員(8)

 店内見学、売り場体験では、総合案内や各売り場に実際に立ち、店員さんの動きを間近で見たり、お客さんが買った商品を箱に入れたりしました。お客としてでなく、店員としてデパート店内を歩き、とても貴重な体験ができました。最後に、デパート店員として様々な体験をした参加者に修了証が渡されました。

参加者の感想(協力いただいた企業・団体等)

 参加者からは「レジやラッピングを教わり、実際にお客様の前で体験できた」「ギフトラッピングやレジ体験をさせてもらい楽しかった」「デパート店員のやりがいや大変なポイントが分かり、将来のためになった」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?