Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成30年度 夢のかけはし教室の実施レポート > 「建築デザイナーになりたい」実施レポート(令和元年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月9日

「建築デザイナーになりたい」実施レポート(令和元年度)

教室の概要

  1. 日時 令和元年7月27日(土曜日) 
  2. 会場 本庄早稲田国際リサーチパーク
  3. 講師 ケイアイスター不動産株式会社
  4. プログラム

仕事や設計を知ろう

住みたい家を設計して模型にしてみよう

大工さんと一緒に家を建てよう

教室の様子

R1建築デザイナー(1) R1建築デザイナー(2)

  本教室では約25名が建築デザイナーについて学びました。講師はケイアイスター不動産株式会社の皆さんです。講師が用意してくれた「きれいな街並みを考える課」の社員証と名刺を受け取り、参加者は1日社員としてケイアイスター不動産株式会社の業務や建築デザイナーのことを教わりました。早速、会社の経営理念や図面を描く際に気を付けるべきポイントを学び、とても勉強になりました。

 

R1建築デザイナー(3) R1建築デザイナー(4)

 それぞれが理想の家の模型を製作しました。まずはプランニングです。人の動く範囲(人間工学)や光・風・音(立地環境)など様々な要素を考慮しながら、部屋の配置等を平面図にしました。特に、日光の差し込む角度や時間帯を考えてみようと講師からアドバイスがあり、全員がそれを意識しながら図面を作成しました。次に、作成した平面図を模型にしました。自分のアイデアが実際の形になることをとても喜びながら作業をしました。

 

R1建築デザイナー(5) r1建築デザイナー(6)

 「上棟」の工程を見学しました。参加者は、ヘルメットをかぶって材木を運んだり、電動ドライバーでネジを締める体験をしました。実際に職人さんの作業を間近で見ながら、家が建つ工程を学びました。

 

r1建築デザイナー(7) r1建築デザイナー(8)

 最後に、自分で設計し作成した模型を並べ、1つの街並みを完成させました。閉会式では、たくさんのことを学び体験した参加者に講師から感謝状が渡されました。

参加者の感想

 参加者からは、「普段見られないことがたくさんあり、体験ができた」「三角スケールなど道具も使い、専門的なことを学べた」「今日学習したことを、建築デザイナーになったときに役立てたいと思った」などの感想が寄せられました。

関連する情報(協力いただいた企業・団体等)

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?