Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成29年度 青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「天文学者と一緒に星を見よう!」実施レポート(平成29年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月19日

「天文学者と一緒に星を見よう!」実施レポート(平成29年度)

教室の概要

 平成29年10月21日(土曜日)に、青少年夢のかけはし事業「天文学者と一緒に星をみよう!」を、国立大学法人埼玉大学(さいたま市桜区)で開催しました。埼玉大学では「宇宙」についての研究に力を入れるべく、今年から新しい部門が設立されたそうです。
 講師は、埼玉大学に天文学研究所を創設された大朝由美子准教授です。豊富な経験を基に、宇宙の広がりについて詳しく解説してくれました。

教室の様子

   この教室では、前半に大朝先生からの講義、後半は観望会(星空見学)を実施予定でしたが、あいにくの雨により、望遠鏡の見学と太陽系を縮小したツアーを行いました。

   前半は、大朝先生から「宇宙の広がり」についてのお話をしていただきました。まず大朝先生は、「天文学とはどんな学問か」について話がありました。天文学とは、望遠鏡で観測した星や星雲の膨大なデータを解析をする学問だそうです。昔は「神話」として親しまれていた天文も、今では「データに基づく科学」なのです。そのため、星を観測することがとても大切です。そこで、大朝先生から「さいたま市の夜空にはどれくらいの星が肉眼で見えるでしょう?」と質問がありました。参加者は、100!5,000!1億!!とそれぞれの考えを発表しました。答えは、たったの10~50個だそうです。富士山まで登れば、6等星まで見えて、約6,000個だそうです。参加者たちは、想像していたよりも少なく、とてもびっくりしていました。そして、星の明るさは距離とエネルギーによって、色は温度によって変わっているということを教えてもらいました。

  

  

 

次に、「太陽系を2つに分けるとしたら、どう分けられるか?」という質問が大朝先生からありました。参加者からは「衛星があるかないか」「自分で光るか光らないか」「岩石でできているかガスでできているか」「輪があるかないか」など、たくさんの意見がでてきました。そして、大朝先生は、太陽系の惑星について色々と教えてくれました。

「木星には地球10個分くらいの台風が何年もずっとある」

「火星が赤いのは表面の鉄が酸化しているから」

「天王星は隕石がぶつかって傾いたから、環が縦についている」

「冥王星に行くには、ロケットで9年かかる」

「土星は水よりも軽いので、大きなプールがあれば浮く」

参加者たちはとても真剣に、そしてとても興味深く大朝先生のお話を聞いていました。中には熱心にメモを取っている参加者もいました。

 星の一生(成り立ち)についても解説してくれました。星は、ガス(エネルギー)の融合により誕生し、爆発により消滅し、それをくり返しているそうです。そして、「太陽系の直径」の約千倍が「星と星の距離」、そして「星と星の距離」の約1万倍が「天の川銀河の直径」、さらに「天の川銀河の直径」の数百倍から数百万倍が「ほかの銀河たちまでの距離」だと教えていただき、参加者たちは宇宙の広さにびっくりしていました。

  

  

後半は、55cmの大型望遠鏡「SaCRA」を見学しました。人間の黒目が約5.5ミリなので、その100倍の大きさです。「SaCRA」は肉眼で捉えられる明るさの約1万倍の光を集められるので、暗いところでもわずかな光を見つけて観測できるそうです。自分の体がすっぽり入ってしまうくらいの大きな望遠鏡に、参加者は興奮していました。

  

最後に大朝准教授は、「宇宙を知る第一歩は、星を眺めること」というメッセージを参加者に贈りました。天体の光は長い時間(長いものでは約1,400年)を経て私たちの目に届くため、天体を見ることは地球の過去を知ることになるそうです。

大好きな天文学について楽しくお話を聞けて、改めて宇宙の魅力を確認し、魅せられた参加者も多かったのではないでしょうか。将来、大朝先生と一緒の天文学を学ぶ子供がでてくれたら嬉しい限りです。

参加者の感想

 参加者からは、「知らなかった事がたくさん知れてためになった」「知らない事が分かって勉強になった」「知らなかった星の事を知ったので、学校でもみんなにも教えられそう」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?