Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成29年度 青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「モノづくり設計を体験しよう!」実施レポート(平成29年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月9日

「モノづくり設計を体験しよう!」実施レポート(平成29年度)

教室の概要

平成29年8月2日(水曜日)に、青少年夢のかけはし事業「モノづくり設計を体験しよう!」を、カルソニックカンセイ(株)(さいたま市)で開催しました。講師は、カルソニックカンセイ(株)で自動車の部品設計の第一線で活躍されている皆さんです。モノづくり設計に関わる仕事内容を教えていただき、自分たちの頭の中にあるモノを形にする工程を学びました。

教室の様子

まず講師から、「CAD」の説明がありました。CADとは、パソコンを使って設計を助けてくれるシステムで、頭で思い描いたモノを立体的に表現できます。更に、実際の大きさや重さまで計算でき、自動車が衝突したときの凹みまでも想定できるそうです。操作の説明が終わると、まずは各自CADを自由に使って練習しました。まずは平面に線で絵を描き、それを立体にしていきます。初めて扱うCADに、参加者たちは興味津々でした。参加者からは「すごい!」「簡単に3Dになった!」といった声も聞こえてきました。

  

操作に慣れてきたところで、次に自分たちのイニシャルプレートを作成することになりました。決まっているルールは、プレートの大きさと形だけです。イニシャルのデザインや大きさ、形は自分たちで設計します。どんなデザインにするかじっくり考えこむ参加者や、すぐに作業に取り掛かりどんどん進めていく参加者、プレートの余白部分にオリジナルの絵を描く参加者もいました。ちょっと操作しただけですぐ使えるようになる参加者たちの上達ぶりに、講師もとても驚いていました。

     

自分のイニシャルプレートの設計が完成すると、次は、自分の好きな車を設計することになりました。まずは紙にデザインし、次にCADを使って立体的に設計します。先ほどのイニシャルプレートと違って、決まっているルールは何もありません。イチからすべて自分たちで設計していきます。スポーツタイプやパトカー、タイヤが6つもあるような斬新な自動車もありました。イニシャルプレートよりも複雑な作りに苦戦する参加者も見受けられましたが、講師に丁寧にサポートしてもらい、全員自分たちが思い描いた自動車を設計できました。この設計図は、講師が印刷してくれて、お土産として持って帰ることができました。自分の頭の中にだけあったモノが実際に設計図として目の前に出来上がり、参加者たちは達成感に満ち溢れた、とてもいい表情をしていました。

  

  

CADの体験のあとは、3Dプリンターを見学させてもらいました。CADで作った設計図の情報を入力すると、3Dプリンターが設計図どおりに造形してくれます。参加者が見学しているときも、何かを造形していました。何を造形しているのかよ~く見てみると・・・なんと!!造形されているのは、先ほど参加者たちがCADで設計したイニシャルプレートでした。講師は、参加者たちが作った全員のイニシャルプレートを3Dプリンターを使って形にしてくれていました。驚きと喜びの声が参加者たちから聞こえてきました。イニシャルプレートが出来上がるまで、カルソニックカンセイ(株)のロビーや製品展示室を案内していただきました。ロビーでは、コンシェルジュのお姉さんが、カルソニックカンセイ(株)の歴史や、普段車の中にあって見られない部品、今は使われていない部品などを丁寧に説明してくれました。中でも参加者たちが釘付けだったものが、カルソニックカンセイ(株)のレーシングチーム「TEAM IMPUL(チームインパル)」が実際に優勝したときのレーシングカーです。本物のレーシングカーに、写真を撮る参加者が多数いました。

     

見学が終わると、講師からイニシャルプレートが贈呈されました。自分で丹精こめてデザインした世界に1つだけのオリジナルプレートに、みんな目を輝かせて喜んでいました。体験が終了すると、今日設計したイニシャルプレートと自動車の設計図を大事に抱えて、会場をあとにしました。

     

今日の体験をとおして、カルソニックカンセイ(株)のファンになった人や、将来カルソニックカンセイ(株)で働きたいと思った人も多かったのではないでしょうか。もしかしたら近い将来、この中から、モノづくり日本を支える未来のスーパーエンジニアが誕生するかもしれません。

参加者の感想

参加者からは、「パソコンで使った車の絵やキーホルダーが実物になって出た所がすごかった。」「ストラップでも車でも、自分で考え自分で作るというのが、いかにむずかしいかということが分かりました。」「CADを使ったのは初めてで、物を回転や拡大したのは初めてだったので、楽しかった」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?