Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月7日

「目指せ!プロ棋士」実施レポート(平成26年度)

教室の概要

平成26年8月25日(月曜日)に、青少年夢のかけはし事業「目指せ!プロ棋士」を、朝霞市産業文化センターで開催しました。
講師は、埼玉県行田市出身でこれまで数々のタイトルや賞を獲得している矢内理絵子さん(女流五段)です。また、この日は、矢内さんのお手伝いとして藤田綾さん(女流初段)にも講師を務めていただきました。

教室の様子

今回の教室は初心者(駒の動かし方が分かる人)19人と未経験者19人の2グループに分かれて行いました。
初心者グループでは、矢内さんを相手にリレー対局を行いました。これはコの字型で座った子供たち1人1人を相手に矢内さんが順番に回りながら、一手ずつ打っていくというものです。
矢内さんは、一手打っては隣に移動しながらどんどん対局を進めていきます。子供のペースに合わせながらも先を読みながら流れるように進んでいく様子はとてもあざやかでした。
時間が経つにつれ、子供たちの中から負けが出始め、最終的に3、4人を残すかたちで攻防が続きました。2時間ほど経過したところでいったん終了としましたが、引き分けに持ち込んだ参加者が1人いました。
矢内さんは勝負がついたところで、子供達一人ひとりに良かった点、悪かった点などを細かくアドバイスしてくれました。驚くことに矢内さんは19人を相手にしながら、それぞれの流れを覚えており、あの時こうしていればよかったというような細かいアドバイスをしてくれました。
子供たちもとても勉強になったようで熱心に耳を傾けていました。
未経験者19人のグループは、藤田さんが講師を務めてくれました。一つ一つの駒の動かし方を分かりやすく教えてもらった後、使う駒を限定するかたちでミニゲームを行いました。藤田さんが駒を1つだけ進めていくので、子供たちは教えてもらったばかりの知識を駆使しながら、藤田さんの駒の進行を防ぐというものです。みんな苦戦しながらもとても楽しんでゲームを行いました。
教えてもらったばかりの駒の動かし方が自然に身についたようで、時間が経つにつれゲームも白熱していきました。

矢内さんと対局  

藤田さん駒の動かし方講義 藤田さん対局

対局の後は矢内さんと藤田さんによるトークショーです。
矢内さんは将棋の魅力について、年齢性別関係なく真剣勝負ができること、自分で考える力が身につくことなどをあげていました。また、矢内さんは将棋を始めた頃はあまり好きではありませんでしたが、強い人に勝った時の喜びを味わってどんどん将棋のことを好きになったとのことでした。
将棋が強くなるコツは、自分にあった好きな戦法を見つけ、それを徹底的に磨くことが必要とのことでした。経験に裏打ちされたトークの内容に、子供たちも保護者の皆さんも熱心に聞き入っていました。

トークショー

参加者の感想

参加した子供たちからは、「矢内さんのようなすごい方と対局できることなんて滅多にないことなので、すごく貴重な体験になった。」「将棋のルールをいろいろ学ぶことができたので、今後も将棋をやっていきたい。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?