Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成26年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「アニメの声優になろう!」実施レポート(平成26年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月30日

「アニメの声優になろう!」実施レポート(平成26年度)

教室の概要

 平成27年1月31日(土曜日)に、青少年夢のかけはし事業「アニメの声優になろう!」を代々木アニメーション学院大宮キャンパスで開催しました。

 講師は、アニメ「イナズマイレブン」の円堂守や「ナルト 疾風伝」のうずまきナルトの声を担当するなど声優として活躍している竹内順子さんです。

教室の様子

 今回のアフレコ体験では、竹内さんの代表作の1つである「イナズマイレブン」を使いました。

 本格的なアフレコ体験はみんな初めてなので、竹内さんを教室にお迎えする前に、代々木アニメーション学院の先生からアフレコや台本について基本的なことを教えてもらいました。

 台本上の「セリフ」や「シーン」を指すときは、ページ数ではなくカットナンバーを使うこと、実際のアフレコにあたっては、声優さんの人数分のマイクが用意されているのではなく3、4本のマイクを声優さんが入れ替わりで使うことなどを教えてもらいました。

 次に、代々木アニメーション学院の学生さんがブースに入り、子供達の目の前でアフレコのお手本を見せてくれました。声優を目指して普段から厳しい練習をしているだけあって、学生の皆さんはとても上手なアフレコを披露してくれました。あまりの迫力に子供達も「自分たちにちゃんとできるのか」と少し不安な様子でした。

 その後、誰がのどのキャラクターを担当するかを決め、いよいよ竹内さんの登場です!!
 竹内さんがとても明るくあいさつしてくれたので、みんな少し緊張がほぐれた様子です。竹内さん、学生さん、参加者みんなでブースに入って、早速練習の開始です。

 参加者1人1人に学生さんがつき、声の大きさや発生のタイミング、立ち位置など細かいところを丁寧に教えてくれました。竹内さんは、子供達をうまく盛り上げつつ、みんなが楽しんで学べるように工夫しながら、全体の指導をしてくれました。どうしても緊張して声が小さくなってしまう子がいたので、そんなときは、竹内さんの号令でみんなで「ゴッドハンドォー!!」(円堂守の必殺技)と叫び、緊張をほぐしました。

  最初はなかなか大きな声を出せない参加者もいましたが、竹内さんが繰り返し声を出す練習をしてくれたおかげで、みんな徐々に大きな声が出せるようになりました。

 いよいよ本番です。子供達は緊張しながらも、それぞれが大きな声で一生懸命キャラクターを演じました。みんな、最初の頃とは見違えるほどとても上手にアフレコができました。竹内さんからも「とても上手にできていたよ」と講評をいただきました。

 この後、子供達がアフレコをした映像をみんなで見ました。ついさっき声をあてた映像を前に、子供達はとても興味深そうに見入っていました。

 子供達は、プロの声優である竹内さんから直接教えてもらいながら、初めて会った子たちと協力して一つの作品を作るという体験ができて、とても充実した笑顔を見せていました。

  

 

参加者の感想

 参加した子供達から、次のような感想が寄せられました。

 ・本気で声優を目指しているので、あの竹内さんが指導してくれて、また夢に向かって頑張りたいと思った。

 ・貴重な体験ができた。はじめは少し緊張していたけど後からは緊張せず楽しめた。将来の夢に一歩近づいた気がした。

 ・いつも見ているアニメを自分の声で吹き替えることができて楽しかった。

 ・声優の仕事がどのようなものか体験してみて詳しく分かった。

 ・声を合わせるのは難しかったけど、自分がキャラクターになったみたいですごく楽しかった。

関連する情報

 ・株式会社 尾木プロ THE NEXT(竹内順子さんの所属事務所)

 ・竹内順子オフィシャルブログ

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?